帝王切開で女児の顔に傷 医師は「赤ちゃんの動きが激しかったから」(露)

帝王切開で女児の顔に傷 医師は「赤ちゃんの動きが激しかったから」(露)

帝王切開で女児の顔に傷 医師は「赤ちゃんの動きが激しかったから」(露)の画像


チェリャビンスク州キシュティムの公立病院で女児を出産したのは、ダーリヤ・カードチュニコヴァさん(Darya Kadochnikov、19)で、当初は自然分娩が予定されていた。しかしダーリヤさんを診察した医師は、赤ちゃんが子宮内での体勢を変えたことから帝王切開のほうが安全と判断し、ダーリヤさんにはその後、局所麻酔のひとつである硬膜外投与が行われた。

しかし麻酔が効かず、医師は静脈から麻酔を投与する全身麻酔に切り替えて手術を開始、ダーリヤさんは眠りに落ちた。

その後、麻酔から覚めたダーリヤさんは産まれた女児の右頬に大きな傷があるのを見てショックを受けた。メスで切られたと思われるその傷は2センチほどで、傷の周りは青紫色に変色し痛々しい。

ダーリヤさんがこの傷について尋ねると、医師はひとまず謝ったものの「激しく動いてね。女児はじっとしているべきだったよ。でも傷は皮膚の表面だけで、命に関わるものではないから」と説明。ダーリヤさんは全く誠意のない対応に愕然とした。ダーリヤさんは手術後に高熱が出たことから抗生剤の投与を受けており、身体も完全には回復していないが、このたび「病院の対応には納得できない」とメディアを通して怒りをぶちまけた。なお病院側はこの件に関してコメントは出していない。

このニュースには「帝王切開にリスクはつきものだけど、この医師の対応はないよね」「女の子でしょう。顔の傷は可哀そうだ」「なんて医者だ」「うちの息子も緊急帝王切開で、胸に傷がついた。よくあることなのかも」「目のすぐ下。怖いね」などといったコメントがあがっている。

ちなみに2018年4月にはイギリスでも同様の事故が起きており、医師は母親に「赤ちゃんの傷はメスによるものではない。女児は奇形を持って産まれた」と説明したという。しかし母親は医師を信用することができず、他の病院で外科手術を受けることを明かしていた。

画像は『Metro 2020年1月31日付「Doctor cut baby’s face during c-section because it moved too much」(Picture: CEN/@trevogznie_novosti)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)