「抗インフルエンザ薬は必要ない」母親の判断で4歳男児が死亡(米)

「抗インフルエンザ薬は必要ない」母親の判断で4歳男児が死亡(米)

「抗インフルエンザ薬は必要ない」母親の判断で4歳男児が死亡(米)の画像


4児の母であるジェネヴァ・モントーヤさん(Geneva Montoya)は先月末、生後10か月と5歳の息子がインフルエンザB型に感染し、医師から家族全員分の抗インフルエンザ薬「タミフル」を処方された。子供たちはインフルエンザの予防接種は受けていなかったが、薬を飲ませることに抵抗があったジェネヴァさんはタミフルを購入することなく帰宅し、ハッカ油やビタミンC、ラベンダーなどの自然療法で対処していた。

しかし息子2人の容態は一向に回復せず、先月31日には4歳の息子ナジー・ジュニア君(Najee Jr.、以下ナジー君)が38.8度の熱を出して熱性けいれんを起こした。慌てたジェネヴァさんは自然療法を推奨し、予防接種に反対するFacebookグループ「Stop Mandatory Vaccination(SMV)」などにアドバイスを求めた。

SMVには現在17万8千人以上が登録しており、ジェネヴァさんには45人のメンバーから「母乳、ハーブのタイム、薬草として使われるニワトコなどが有効よ」といった助言を受けた。またほかのFacebookグループからは「ハーブだけでなく、ジャガイモやキュウリをスライスしておでこに貼るといいわよ」などの書き込みもあり、ジェネヴァさんは「アドバイスをありがとう。早速やってみるわ」と返事をしていたが、これらのグループの中に抗インフルエンザ薬を勧める者は誰一人としていなかった。

それから2日後、生後10か月の息子の体温が40度まで上昇し、ジェネヴァさんは一日のほとんどを病院の緊急治療室で過ごして帰宅した。幸いこの男児の容態は持ち直したが、同日の夜に今度は4歳のナジー君に異変が起こった。ナジー君は寝室の床の上で意識を失って倒れており、地元病院に救急車で向かった後、ヘリコプターでコロラドスプリングスの小児病院へ搬送された。

その時の状況をジェネヴァさんは「ナジーは呼吸をしておらず、心肺蘇生をしながら救急車を待ちました。一番症状が軽かったナジーの心臓が止まってしまって、私もパニックに陥り、救急隊員が来ると気を失ってしまいました」と明かしている。

ナジー君はインフルエンザB型に感染しており、高熱、もしくは呼吸困難に陥ったことで痙攣を起こし、低酸素脳症に陥っていた。生命維持装置に繋がれたナジー君だったが両親の祈りは届かず、倒れてから3日後の今月5日に脳死と判定された。

なおナジー君の死後、ジェネヴァさんの「Stop Mandatory Vaccination」への投稿は削除されており、地元メディアの取材にジェネヴァさんは「家族みんなが悲しみに暮れています。親として何もしてやれず残念です」と涙ながらに語った。

このニュースには「母親失格」「この母親は一生苦しまなくてはいけないんだよね。悲劇」「医師のアドバイスを聞かず、Facebookに頼るほうがおかしい」「子供が可哀想」「助けることができた命」「インフルエンザは本当につらい。なぜ病院に行きながら、薬を購入しなかったのか」「問題は予防接種や薬ではない。インターネットだ」といったコメントがあがっている。

画像は『The Sun 2020年2月7日付「ANTI-VAX AGONY Boy, four, dies of flu when mom ‘took Facebook anti-vaxxers’ advice and refused to give him Tamiflu’」(Credit: GoFundMe)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)