防護服姿の2人組が悪ふざけ、ウイルスに見せかけた液体を地下鉄車内にこぼす(米)<動画あり>

防護服姿の2人組が悪ふざけ、ウイルスに見せかけた液体を地下鉄車内にこぼす(米)<動画あり>

防護服姿の2人組が悪ふざけ、ウイルスに見せかけた液体を地下鉄車内にこぼす(米)<動画あり>の画像


先月31日に米ニューヨークの地下鉄車内で撮影された動画がInstagramに投稿され、物議を醸している。そこにはマスクをして白い防護服を着た男性2人組が座席に座っており、1人は手にオレンジ色の液体が入った「WARNING(危険注意)」と書かれている透明容器を大事そうに抱えていた。

近くにいた乗客は「それが粉末ジュース(Kool-Aid)であることを願うよ」と声をかけているが、別の乗客が「それってコロナウイルスなの?」と尋ねると、防護服を着た1人はウイルスだと認める合図なのか、親指を立てながら「Good」と返した。

そして容器の蓋を開け始めると、周りの乗客達は一斉に顔を背けて大声をあげ、その場から離れようとする者までいた。さらに透明容器を持ちながらわざとらしく転んだかと思うと、その怪しい液体を車内の床にこぼしたのだ。

その瞬間、車内は騒然となり「おい、なんてことだ!」と怒号に似た声や悲鳴があがった。また逃げ出す人や床を流れる液体から身を守ろうと座席から飛び上がった人もいた。すると防護服の男性は笑いながら「これはいたずらです、いたずらなんです!」と乗客達に声をかけた。

実はこの2人組、ニューヨークのクイーンズに住むデヴィッド・フローレスさん(David Flores、17)とモリス・コードウェルさん(Morris Cordewell、19)で、度々公共の場でいたずら動画を撮影してはInstagramに投稿していたという。

今回のいたずらについては、オレンジ色の液体はウイルスではなく粉末ジュースだということをメディアのインタビューに明かしている。地下鉄車内ではいたずらだと気づいて笑っている人もいたが、動画を見た人々からは次のような声があがった。

「こんなのが面白いって思えるのか? ウイルスのせいで多くの人が亡くなっているんだぞ。」
「全く面白くない! 誰かが驚いて怪我をしたかもしれないのに。こんな悪質ないたずらをする奴は逮捕されるべきだ。」
「面白かったけど、この手のジョークをするのはまだ早すぎると思うよ。」

『Insider』によると、彼らのように新型コロナウイルスによる悪ふざけや冗談を言うことで注目を集めようとする若者は珍しくないとのことだ。なかにはアジア人に対する人種差別とも捉えかねないようないたずらもあるという。

しかしロシアでは、度がすぎる悪ふざけに対して容赦しない措置をとっているようだ。モスクワの地下鉄でマスクをした男性がいきなり痙攣を起こしながら床に倒れ、乗客らをパニックに陥れるといういたずら動画をSNSに配信したが、彼は懲役5年の刑に直面している。

画像は『End Time News 2020年2月12日公開 YouTube「Pranksters pretend to spill coronavirus on NYC subway」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)