今やダイヤより貴重? トイレットペーパー不足を皮肉る面白画像7選

今やダイヤより貴重? トイレットペーパー不足を皮肉る面白画像7選

今やダイヤより貴重? トイレットペーパー不足を皮肉る面白画像7選の画像

新型コロナウイルスの感染拡大で、トイレットペーパーやマスク、消毒剤などが買いだめされ品薄となっているが、そんな人々の姿を皮肉るような面白画像がSNSで拡散中だ。今回はトイレットペーパーに関する画像のいくつかをご紹介したい。


日本だけでなく、海外でも衛生用品の買いだめが進んでいる。中国では先月、最後の消毒剤を巡り、高齢の女性と少女がナイフで刺されるという事件が発生し、アメリカでは約18000本の消毒剤を転売目的で買い占めた兄弟が激しい非難を浴びた。

そんなモラルの低下を揶揄するような画像がSNSに多数投稿され、話題になっている。

最初の画像では、ゴールドのリボンで巻かれたトイレットペーパーが1個3999ドル(約44万円)で売られているのだが、すぐそばには輝くダイヤモンドが置かれており、「購入すると1カラットのダイヤモンドがもれなくついてくる」とメッセージが添えられている。トイレットペーパーはいつからダイヤモンドよりも希少(?)になったのか…。

2枚目は映画『ライオンキング』からで、ヒヒのラフィキがシンバをライオンの群れに向かって抱え上げるシーンに捻りをきかせ、シンバがトイレットペーパーに置き換えられている。トイレットペーパーが未来を背負って立つ重要な存在だということなのであろう。

3枚目は映画『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムがやっとのことで手に入れた指輪がトイレットペーパーに置き換えられており、「my precious(愛しいしと/人)」と一言添えられている。貴重なトイレットペーパーを手に入れ、ほくそ笑むゴラムの姿が妙にしっくりくるから不思議なものだ。

4枚目は今月上旬にサウスオーストラリア州南東部ヴィクターハーバーで買い物をしていたシェヴェル・プロコプさん(19)によって実際に撮影されたものである。クレーンゲームの中にトイレットペーパーが詰め込まれているのだが、シェヴェルさんはメディアのインタビューに「最初見た時はびっくりしたけど、オーストラリア人らしいジョークだわ。こんなふうに楽しんじゃうのもいいんじゃない」と語っている。

5枚目は木の葉5枚ほどがビニール袋に詰められており「オーガニック・トイレットペーパー。一袋、10ドル」と書かれている。トイレットペーパーがなければ、豊富にある代替品で我慢しようということなのだろうが、1枚200円超だとしたらかなりの高級品といえよう。

6枚目は市販のキッチンペーパーをあたかもパンをスライスするかのようにナイフで3等分したものだが、水分や油を吸い取ることができるよう厚みがあるキッチンペーパーでは、快適さは期待できないだろう。

7枚目は日本の空港で実際に撮影されたトイレットペーパーの写真だ。オーストラリアのメルボルンから3月1日に日本(東京の空港と書かれている)に到着した預け荷物なのだが、なぜか「Fragile(壊れ物・取り扱い注意)シール」が貼られており「ここまでするか?」「日本も大変なのね」「クレイジー」といったコメントがあがっている。

画像は『Elon Musk 2020年3月9日付Twitter』『Russell 2020年3月10日付Twitter「Coming back from Tesco with toilet paper like:#coronavirusuk」』『MAGA ROD 2020年3月11日付Twitter』『9 News Sydney 2020年3月5日付Facebook「Prankster fills claw machine with toilet paper in SA」』『Jason Isaacs Williams 2020年3月13日付Facebook』『B man. 2020年3月14日付Twitter「Do you guys buy sliced toilet paper?」』『Sir Jasper Myrtle 2020年3月3日付Twitter「Friends text from Tokyo Airport last Sunday night.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)