恐竜の着ぐるみ“2頭”がスーパーでママとお買い物「社会的距離の確保を恐竜スタイルで」(米)<動画あり>

恐竜の着ぐるみ“2頭”がスーパーでママとお買い物「社会的距離の確保を恐竜スタイルで」(米)<動画あり>

恐竜の着ぐるみ“2頭”がスーパーでママとお買い物「社会的距離の確保を恐竜スタイルで」(米)<動画あり>の画像

新型コロナウイルスの「パンデミック(世界的な大流行)」により、世界各地で社会的距離の確保(social distancing)や大規模な隔離政策が進められている。感染拡大が長期化する恐れもあり、人々のストレスや疲労感も日に日に増しているが、そんななかFacebookに投稿された1本の動画が人々に笑いを届けている。


動画が撮影されたのは、米テキサス州レオン・スプリングスで、ティラノサウルスの恐竜の着ぐるみを着た子供2人が、地元のスーパーマーケットチェーン「HEB」で楽しそうにショッピングをしている。

2頭の恐竜は仲良くカートを押して必要な物をカートに入れていくのだが、店員を見つけると小走りで近寄り、恐竜ならでは(?)の挨拶を交わしながら進んでいくのだった。その姿はなんともユニークで、投稿者の母親は「HEBでの、私のクレイジーな子供たち。社会的距離の確保を、恐竜スタイルで」とのコメントを残している。

長い尻尾を持つ2頭のティラノサウルスが、通路を踊るように進む様子を目の当たりにしたある女性店員からは「とってもキュートね。でもワインの棚には注意してね。1本50ドルはするわよ」などと警告を受けているが、恐竜の周りには始終笑い声が響き、和やかなムードに包まれていた。また恐竜の胸部に開いている穴から時々チラリと子供たちの顔が映るが、その顔も輝くばかりの笑顔でホッコリさせられる。

この動画を撮影していた母親のピニーラさん(Pinilla)は『mySA.com』に、次のように語っている。

「スーパーにはあらかじめ問い合わせて許可をもらったの。8歳のソフィアと11歳のイザベラは大興奮で、当日はそりゃ可笑しかったわ。こんな時だからこそコミュニティにポジティブな活力をもたらしたかったのだけど、大成功だったと思う。恐竜を見て大笑いする人、クスクス笑う人など色々な反応があったけど、1つ言えることはあの場の雰囲気がパッと明るくなり、気分が一新されたということね。」

ちなみにこの動画には、「こんな時だからこそ、こういうジョークが必要」「母親が一番嬉しそうだよね。ずっと笑っているもの」「恐竜も楽しそう」「笑い過ぎてお腹が痛い」「私もこの着ぐるみが欲しい」といったコメントがあがっている。

画像は『Pilar Pinilla 2020年3月14日付Facebook「My crazy kids at HEB. Social distancing dinosaur style.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)