アメリカのベーカリーに“トイレットペーパーケーキ”が登場「美味しく楽しく乗り切ろう」

アメリカのベーカリーに“トイレットペーパーケーキ”が登場「美味しく楽しく乗り切ろう」

アメリカのベーカリーに“トイレットペーパーケーキ”が登場「美味しく楽しく乗り切ろう」の画像

新型コロナウイルスの感染拡大によりトイレットペーパーが買いだめされ品薄になっているが、米ペンシルベニア州のあるベーカリーで“トイレットペーパーケーキ”なるものが登場し話題になっている。『The Philadelphia Inquirer』『Good Morning America』などが伝えた。


世界中のスーパーで品薄となっているトイレットペーパーだが、甘くて美味しいトイレットペーパーをガラスケースに収め「“トラウブズ”ではみんなが必要とするもの全てが揃うの。トイレットペーパーだってね!」とFacebookで紹介したのは、ペンシルベニア州デラウェア郡プロスペクト・パークにある“トラウブズ・ベーカリー(Traub’s Bakery)”だ。

「この時期だからこそ」という意気込みを感じさせるユニークなケーキは、スポンジに白いアイシングとフォンダン(砂糖衣)が施されており、トップにはトイレットペーパーに似せた渦巻と芯部分が、サイドには点線で切り口が描かれるなど細部にもこだわりを見せている。ケーキは7インチ(約17.8センチ)と、3インチ(約7.6センチ)の2つの大きさが用意されており、小さいバージョンは化粧室に置いてあっても違和感がないほどの出来栄えだ。

店でケーキを焼いているローレン・ランチャーノさん(Lauren Lanciano)は「トイレットペーパーで揉めている今の殺伐とした世の中を、美味しく、楽しく乗り切れたら嬉しいわね」と語っており、ケーキの評判も上々のようで店のFacebookには次のようなコメントがあがっている。

「素敵!」
「こんな時だからこそ、笑って乗り切ろうじゃないかという店の粋な試み。とてもいいと思う。」
「私の夫の誕生日は来週なの。これを買いにいくわ!」
「遊び心をわすれちゃいけないね。」
「本当にトイレットペーパーを探すのに苦労しているわ! これもメールオーダーできるかしら…。」
「面白い!」

ちなみにトイレットペーパーの業界団体は「トイレットペーパーの在庫は十分にある。買いだめはしないで!」と消費者に冷静な行動を呼びかけているが、SNSでは多数の面白画像が出回り、トイレットペーパー不足に陥った世の中を皮肉っている。

画像は『Traub’s Bakery 2020年3月18日付Facebook「Traub’s has everything you need… even TP」』『ABC News 2020年3月19日付「A Philadelphia bakery is selling toilet paper cakes」(Traub’s Bakery)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)