礼拝のライブ配信でフェイスフィルター機能作動 司祭の変化が笑いを呼ぶ(伊)<動画あり>

礼拝のライブ配信でフェイスフィルター機能作動 司祭の変化が笑いを呼ぶ(伊)<動画あり>

礼拝のライブ配信でフェイスフィルター機能作動 司祭の変化が笑いを呼ぶ(伊)<動画あり>の画像

各国政府が国民に新型コロナウイルスの感染から身を守るため自宅待機を促すなか、神に仕える立場である聖職者も同じ状況にあった。このほどイタリアの司祭が礼拝のライブ配信を行ったところ、スマートフォンのフェイスフィルター機能が作動し、司祭の顔がオオカミや魔法使いなどに変化したことで視聴していたカトリック信者達に笑いをもたらした。『Evening Standard』『Euro Weekly News』が伝えている。


イタリアでは新型コロナウイルスの感染被害が拡大するなか、今月26日の時点で少なくとも50人の司祭が亡くなっているという。そこで伊カンパニア州サレルノ県ポッラに住むカトリック教会のパオロ・ロンゴ司祭(Paolo Longo)は、教会で行っていた礼拝をFacebookでライブ配信することにした。

教会に通っていた人達は外に出ることなく司祭の講和が聞けるとあって、ライブ配信が始まるのを待っていたようだ。しかしいざ配信が始まると、穏やかな口調で話す司祭の頭に突然SF風のヘルメットが登場した。

そして息をつく間もなく、司祭はダンベルを持ちあげて筋トレする姿や金メダリスト、サングラスをかけたギャング風へと変化していった。

どうやら司祭は、スマートフォンのフェイスフィルター機能を作動させたままで配信してしまったようだ。信者らは静粛な講和を聞く心づもりでいたこともあり、司祭の身の変わりように理解できない人もいた。

しかしながら司祭のちょっとしたミスは多くの人に笑顔をもたらしたようで、この礼拝動画は400万回も再生されるほど人気となり、次のようなコメントが見受けられた。

「この動画は、私に礼拝へ参加したいという気持ちを起こさせた唯一のものでした。」
「僕はこれを見せるために寝ている妻を起こしちゃったよ。彼女は大笑いしていたよ。」
「笑いすぎで喉が痛い。夜ベッドに入ってもまだ笑いが止まらないから、生後5週になった息子を起こさないかハラハラするわ。」
「私はカトリックじゃないけど、この動画が大好き! テクノロジーについていけなくても司祭が会衆のためにと努力していることに感謝だわ。」

Facebookに投稿された動画はすでに削除されているものの、司祭は次の礼拝ライブの配信時間をFacebookで告知すると、最後に「笑ってもいいからね」と言葉を添えていた。

画像は『Evening Standard 2020年3月25日付「Hilarious moment priest in Italy streams mass with live filters on」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)