新型コロナと闘う―カリフォルニア編 挨拶は「Have a good day!」から「Stay safe!」へ 個人主義から秩序ある社会への変貌

新型コロナと闘う―カリフォルニア編 挨拶は「Have a good day!」から「Stay safe!」へ 個人主義から秩序ある社会への変貌

新型コロナと闘う―カリフォルニア編 挨拶は「Have a good day!」から「Stay safe!」へ 個人主義から秩序ある社会への変貌の画像

世界のハイテク産業をリードするシリコンバレーやエンターテインメントのメッカ、ハリウッドを擁する米カリフォルニア州。全米最大の人口を抱える同州では先月19日、他州に先駆け「屋内退避指令(Shelter in Place)」が発令された。


92万5450――これは先週、カリフォルニア州内で処理された失業保険の申請件数である。ギャビン・ニューサム州知事は8日、先月半ばから今月までの3週間に提出された申請書の数は240万件であったと発表した。これはカリフォルニア州の全労働人口のおよそ12%にあたるというから、尋常ではない。

州内の多くの学校が閉鎖されてからかれこれ4週間が経とうとしており、普段であれば大勢の人で賑わうビーチやハイキングトレイルは閑散としている。屋外のバスケットボール場からはゴールネットが取り外され、ロングビーチのスケートパークには大量の土がかけられた。「米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)」は人々の外出頻度を極力抑えるため、食材の買い出しは1〜2週間に一度を推奨している。

カリフォルニア州における新型コロナウイルス感染に対する人々の危機感は、3月上旬頃まではまだ薄かった。24時間営業のスーパーは普通に営業していたし、トイレットペーパーの在庫もたくさんあった。「日本の学校が臨時休校」「マスクが売り切れている」と聞いても、まだどこか“対岸の火事”といった気持ちで眺めていたのだ。

人々の危機感が一気に高まったのは先月11日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を「パンデミック」と宣言し、俳優トム・ハンクスが感染を公表した日だった。これを境に州内の多くのスーパーの営業時間が改定され、学校が休校になり、人々は在宅勤務を言い渡されはじめた。ディズニーランドやユニバーサル・スタジオが臨時休園を発表したのもこの直後であった。

筆者が個人レベルで事の重大さを実感したのは、街にマスクを着用したアメリカ人が増え出した頃だったように思う。それまでアメリカ人の多くは日本のマスク文化を敬遠、異様視すらしていたが、今ではマスクを自宅で手作りする人まで出現し、一部の地域ではマスクなしの外出に罰金が科せられるまでになっている。スーパーの外ではマスクを着用した人々が、ガイドラインに従い6フィート(約1.8m)の間隔をあけて入店を待つシステムが定着してきたが、多種多様な文化が混在し個人主義を何より尊重するここアメリカで、このような秩序ある光景を目の当たりにすることになるとは思いもよらず、違和感を抱くと同時にこれが未曾有の事態であることを肌で感じさせられている。

カリフォルニア州公衆衛生局(CDPH:California Department of Public Health)によれば、米西部時間10日午後5時現在の州内感染症例数は1万9472件、541名の死者が確認されているとのことだ。電話やメールでの別れ際の挨拶が「Have a good day!」(よい一日を!)から「Stay safe!」(安全に過ごしてね!)に取って代わってから早1か月。燦々と降り注ぐ太陽と突き抜けるような青空の下に、人々の笑い声が響き渡る日が訪れるのはまだまだ当分先のようである。

画像は『Surfline 2020年3月25日付「California State Beaches Close Due to Coronavirus」(Photo: Billy Watts)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)