26年間も頭部に放置された10センチのナイフ 手術で無事摘出される(中国)

26年間も頭部に放置された10センチのナイフ 手術で無事摘出される(中国)

26年間も頭部に放置された10センチのナイフ 手術で無事摘出される(中国)の画像

1994年以来、頭部に果物ナイフの刃の部分を放置したままにしていた中国の76歳の男性が、今月2日にナイフの摘出手術を受けた。男性は順調に回復しており「二度目の人生を与えられた」と大変喜んでいるという。『Metro』『UNILAD』などが伝えている。


青海省海北チベット族自治州海晏県在住の多杰さん(仮名)は今から26年前、強盗に襲われて刃渡り約10センチの果物ナイフで頭部を刺された。意識を失った多杰さんは事件直後、地元の病院で傷口の手当を受けたものの、施設は貧弱で頭部にあるナイフの刃が発見されることはなかった。その後2012年、多杰さんは激しい頭痛を訴えて再び病院を受診。地元の医師は頭部のナイフを発見するも「摘出すると命の危険がある」と主張し、刃はそのまま放置された。

しかし最近になって、山東省済南市にある第一医科大学第一附属医院(山東省千佛山医院)の医師らが、多杰さんが住む青海省の医療施設のツアーを行った。これがきっかけで医師らは、多杰さんに約1700キロ離れた同病院で手術をすることを申し出、手術の日程が決まった。

第一医科大学第一附属医院の医師は、多杰さんの症状について次のように述べている。

「多杰さんは痛み止めだけを処方されていたようですが、目に見えて症状は悪化していったようです。私たちが診察した時は右目の視力低下、左手足の麻痺などの神経症状が現れていました。ただ26年も頭部にナイフを放置したまま生きていたことは奇跡的です。」

「CTスキャンやレントゲン検査で頭蓋底部にナイフの刃があることや、眼窩に沿うように埋没し視神経を圧迫していることが分かりました。病院でチームを作り、眼科医、神経外科医、耳鼻咽喉科医らで話し合った結果、ナイフを摘出することが最善という結論に達したのです。」

こうして今月2日、約2時間かけて多杰さんの頭部からは刃渡り約10センチ、幅約3センチの錆びたナイフが摘出された。多杰さんは8日には傷口をキレイにする手術を受けており、今では歩けるほどに回復、退院も近いようだ。

右目の視力が回復し、頭痛もなくなったという多杰さんは「今までは笑うことも、あくびをすることも、咳をすることもできなかったのですが、この手術によって二度目の人生を与えられました。20年以上も苦しめられてきた悪夢から解放され、本当に嬉しく思っています」と語っている。

画像は『大?日? 2020年4月9日付「?部插着8厘米断刀,奇迹存活26年!青海老人在?南手?成功」(素材来源/海北新媒千佛山医院)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)