子供らのため毎日走るスパイダーマン 窓には「ここに来てね」の貼り紙も(英)

子供らのため毎日走るスパイダーマン 窓には「ここに来てね」の貼り紙も(英)

子供らのため毎日走るスパイダーマン 窓には「ここに来てね」の貼り紙も(英)の画像

ロックダウン(都市封鎖)により外出が禁止されているイギリスのある街で先月末、2人のスパイダーマンが「子供たちを笑顔にしたい」とジョギングを開始した。するとこの噂は瞬く間に広がり、子供たちはスーパーヒーローの登場を待ちわびるようになった。心温まるニュースを『Manchester Evening News』『InspireMore.com』などが伝えた。


英北西部グレーター・マンチェスターのストックポートで先月末、2人のヒーローが誕生した。1人は5児の父アンドリュー・バルドックさん(Andrew Baldock、44)で、普段は子供たちに武道を教えるインストラクターの仕事をしている。しかし先月23日から始まったロックダウンで、道場での武道教室は閉鎖せざるを得なくなった。

そこでアンドリューさんはオンラインクラスを開始、スパイダーマンの格好をして指導を行ったところ、非常に好評だった。そしてふと「毎日のジョギングの時に自分がスパイダーマンになったら、子供たちはきっと喜ぶに違いない」と思い立った。

アンドリューさんは早速、同じインストラクターでもある2児の父ジェイソン・ベアードさん(Jason Baird、34)に声をかけ、ジョギングを開始した。

ジョギング初日、2人は二手に分かれてストックポートの街を駆け抜け、スパイダーマンに気付いた子供たちには手を振って応えた。するとスパイダーマンの噂はあっという間に広がり、子供たちは窓に「ここに来てね」と書いた大きな貼り紙をしたり、スパイダーマンの絵を飾ったり、自分の憧れのヒーローに仮装したりして、スパイダーマンの到着を待つようになった。

こうしてジョギングを初めて2週間が経つと、地元ニュースが2人を取り上げ、ヒーローの存在は世界にも伝わった。

だがヒーロー伝説はここで終わらなかった。2人にインスパイアされたグレーター・マンチェスターの住民約50人が、バットマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、アイアンマン、スーパーマン、ワンダーウーマン、ミニオン、シンデレラなどに変装してジョギングを開始したのだ。

ジェイソンさんはスパイダーマンが世界中から注目を集めていることについて、こう述べている。

「正直、かなり驚いていますよ。でもこんな時だからこそ、子供たちに笑顔を届けることが大切だと思っています。子供たちとは少なくとも2メートルの距離は取り、走るのも一日1回だけ、1時間と決めていて、他のヒーローたちともこのルールは共有しています。また子供たちの夢を壊さないように、ヒーローになりきることをモットーにしています。ジョギングはロックダウンが終了するまで続けたいですね。」

なおジェンソンさんは、ヒーロー専用のSNSを立ち上げており、「私の家にも来てください」という熱いリクエストに応えたり、子供たちとの写真や動画を多数投稿しているようだ。またNHS(イギリスの国営医療サービス事業)のためのファンドレイジングも行っており、サイトには日本時間14日23時の時点で約388万円(28788.5ポンド)が集まっている。

画像は『The Uplift 2020年4月3日付Facebook』『InspireMore.com 2020年4月11日付「Neighborhood Spider-Men Are Spreading Joy To Quarantined Children With Daily Visits.」(Facebook)』『Manchester Evening News 2020年4月13日付「How the adventures of the Stockport Spidermen have snowballed into something incredible」(Image: Jason Baird)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)