世界一の長さ? 30cm超の鼻を持つ2歳のボルゾイ犬(米)

アメリカに異様に長い鼻を持つボルゾイ犬 30cm超も飼い主は世界記録への申請はせず

記事まとめ

  • バージニア州に鼻が異様に長い大型狩猟犬ボルゾイがいると「UNILAD」などが伝えた
  • 多くの人がこの犬に興味を示して近寄ってくるため、散歩がスムーズにできないそう
  • 飼い主は「長い鼻は問題になっていないわ。食べ物をどこにでもこぼすけど」と語った

世界一の長さ? 30cm超の鼻を持つ2歳のボルゾイ犬(米)

世界一の長さ? 30cm超の鼻を持つ2歳のボルゾイ犬(米)

世界一の長さ? 30cm超の鼻を持つ2歳のボルゾイ犬(米)の画像

ボルゾイはロシア原産の大型狩猟で、元来鼻の長い犬として知られている。しかしアメリカのバージニア州リッチモンドで暮らす“エリス(Eris、2)”の鼻はボルゾイといえども異様に長く、飼い主は「世界一鼻の長い犬ではないか」と思っているそうだ。『UNILAD』『Daily Mail Online』などが伝えた。


ボルゾイ犬のエリスは2018年7月23日、ジュエリーショップのオーナーであるリリー・カンボウリアンさん(Lily Kambourian)とそのパートナーのサヴァンナさん(Savannah)が暮らす家に新しい家族として迎えられた。2人は犬を見るために米バージニア州キーズビルを訪れた時、エリスを含む3匹の子犬たちの鼻が下顎に対して上顎が長すぎる不正咬合(オーバーバイト)であることに気付いた。それはドッグショーにおいて遺伝的な欠陥として捉えられてしまうが、サヴァンナさんの膝の上にのるほどの人懐こいエリスが気に入った2人にはどうでもいいことだった。

今年の5月19日に2歳の誕生日を迎えたエリスだが、鼻の長さは現在30.988cm(12.2インチ)で鼻の先からしっぽまでは144.78cmにもなる。

リリーさんは「散歩をしていると皆エリスが何犬なのか気になって近寄ってくるから、たびたび立ち止まる羽目になるの。けど最近は、邪魔されることなく散歩できる近所の道を見つけたのよ」と多くの人がエリスに興味を示すため、散歩がスムーズにできなかったことを明かしている。

2人がエリスを迎え入れた時、下顎の歯が上顎の歯茎を突き刺す可能性があり「いずれ犬歯を抜かなければならなくなるかもしれない」と言われたそうだが、何の問題もなく成長したようだ。

「エリスの長い鼻は特に問題になっていないわ。食べ物をどこにでもこぼしてしまうけど、それは私も同じだから! 他の犬がさっさとマローボーン(噛むデンタルケア製品)を食べてしまうのに、エリスは永遠と噛んでいられるし!」とリリーさんは言う。

リリーさんとサヴァンナさんが愛しい愛犬の日々のスクラップブックとしてインスタグラム『Eris The Borzoi』を開設すると、その特徴的な外見と愛らしい姿で18万5千人超のフォロワーを持つ人気アカウントとなった。2人はフレンドリーなインスタグラムの犬コミュニティーの一員になれたことを喜んでおり、リリーさんはこうも語っている。

「エリスに接する専門家たちはとても優しくて、長い鼻に『なんて美しいの』と言ってくれるわ。エリスはソファーやフェンス、あとテーブルで食事を楽しむ人たちの間の小さな隙間に鼻を突き刺すのが得意なの。そういう意味では先の尖った鼻はとても有利ね!」

2人はエリスの鼻の長さについて今のところ世界記録に申請するつもりはないそうだが、世界一鼻の長い犬として認められる機会があれば特に断ることはしないという。

ちなみにボルゾイの平均寿命は7〜10歳、個体によっては15歳まで生きることもあり、2歳のエリスにはまだチャンスがあるだろう。世界一鼻の長い犬としてエリスが世界記録に名を残すのもそう遠くはないかもしれない。

画像は『Eris The Borzoi 2020年4月30日付Instagram「A snoot that gets Eris into any trouble she wants, and eyes that get her out.」、2020年5月24日付Instagram「Our first family photo!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE)