右足を骨折した犬、獣医の手違いで左足を切断される(豪)

右足を骨折した犬、獣医の手違いで左足を切断される(豪)

右足を骨折した犬、獣医の手違いで左足を切断される(豪)の画像

豪クイーンズランド州で今年4月、当時生後7か月の犬が獣医の手違いにより全く異常がない足を切断された。犬の飼い主は『A Current Affair』『7NEWS.com.au』などのインタビューに応じ、「獣医から謝罪の言葉は一切ない」と怒りを露わにしている。


豪クイーンズランド州ミッション・ビーチ在住のスティーブ・スカーレットさん(Steve Scarlet、52)は、生後9か月のジャック・ラッセル・テリアとトイ・フォックス・テリアのミックス犬“マニー(Muni)”と暮らしている。今年4月のこと、マニーは駐車していた車から転げ落ちてしまい、歩くことができなくなってしまった。

スティーブさんはすぐに、マニーを近くの「ノース・クイーンズランド・クリニック(North Queensland clinic、以下NQC)」に連れて行ったが、獣医に「骨折が酷いので切断したほうがいい」と勧められ、同意した。

しかし4日後の4月7日、スティーブさんはマニーの様子がおかしいことに気付いて獣医に再診をお願いしたところ、驚くべき事実が判明した。

マニーのレントゲン検査を終えた獣医が、スティックさんにこう告げたのだ。

「手違いで骨折した右足ではなく、左足を切断してしまったようなのです。」

スティーブさんはその時のことを「どう説明していいのか分からない気持ちだったよ。間違った足を切断するなんて、どうしてそんなことが起きてしまったのか…。空虚感に襲われたね」と明かしている。獣医はとりあえず骨折した右後ろ足をギブスで固定して手術代を返金したというが、スティーブさんは「間違いは認めたけど、獣医から謝罪の言葉は一切なかったんだ」と腹の虫が治まらない様子でこう続けた。

「マニーは何が起こっているのか分からないような、とても悲しい顔で私を見るんだ。右足が痛むんだろうね。私が右足に触れるのを嫌がるんだ。獣医には私にではなく、マニーに直接謝って欲しいね。」

実はマニーが骨折する数か月前、スティーブさんはオートバイの事故で左脚を失っており、マニーを心の拠り所となるような“コンパニオンアニマル”として迎え入れたばかりだったのだ。NQCはマニーの今後の治療も無償で行うことを約束したが、スティーブさんは「本当は、NQCにはもう戻りたくないんだ。でも他のクリニックで診てもらうお金なんかないからね。事故から2か月が経つけど、マニーは歩けないままだよ」と肩を落とす。また保険会社は、治療費やペット買い替えのための費用として約36万5000円(5000豪ドル)を支払うことを申し出たが、スティーブさんは「犬は生き物であって、物ではない。馬鹿にするにもほどがある」と納得がいかないようだ。

ただ、暗いニュースばかりというわけでもない。まずスティーブさんがマニーのリハビリや義足のために4月24日に開設したクラウドファンディングサイト「GoFundMe」には、目標約74万円(1万豪ドル)のところ、今月16日の時点で約195万円(26463豪ドル)の寄付が寄せられている。同サイトには「負けないで。応援しているよ」といった激励のメッセージが多数寄せられており、スティーブさんも「寄付をありがとう。心から感謝しているよ」と返答している。また豪メルボルンでクリニックを経営するジョー・ウーリー獣医(Jo Whoolley)は「マニーには義足よりも犬用の車椅子のほうが向いている」として、マニーに車椅子を無料で提供することを申し出た。

ちなみにこのニュースには、「獣医を訴えるべき」「この獣医は今でも働き続けているの?」「骨折した後、足を切断する必要があったの? 犬がかわいそう」「『間違いでした』では済まないでしょう」「この男性や犬に手を差し伸べてくれる人がたくさんいることが救いだね」「前向きに、これからの人生を生きて欲しい」「人生はまだまだこれからよ。幸せになってね」といったコメントがあがっている。

画像は『9Now 2020年5月6日付「One legged man horrified after Queensland vet mistakenly amputates dog’s wrong leg」(A Current Affair)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)