虐待されて殺処分寸前だった捨て犬 救出後に愛情を受けて心を開く(米)

虐待されて殺処分寸前だった捨て犬 救出後に愛情を受けて心を開く(米)

虐待されて殺処分寸前だった捨て犬 救出後に愛情を受けて心を開く(米)の画像

野良犬などを保護し一定の期間収容して殺処分する「キルシェルター」にやってきた“コークス(Corks)”が昨年12月、動物保護団体に保護され命を救われた。虐待を受けていたコークスはその後、里親のもとで心のケアを受け、第2の人生を歩みだした。『The Dodo』などが伝えている。


米カリフォルニア州ロサンゼルスにある「キルシェルター」が、足に重傷を負って捨てられていた“コークス”の殺処分を予定していたのは12月17日のことだった。キルシェルターには野良犬や飼育放棄されたペットなどが次々やってくるため施設は常に満杯で、引き取り手がいないコークスの殺処分はその日の午後に行われるはずだった。

しかし当日の朝、非営利団体「Dogs Without Borders」が救いの手を差し伸べ、コークスはギリギリのタイミングで命を救われたのだった。

保護されたコークスを診察した獣医は「足の骨が剥き出しで、身体中に傷を負っていた。リードを付けたまま車に引きずられたか、虐待を受けて怪我をしたようだ」と語っており、コークスの足の傷が完全に癒えるには数か月を要した。しかし虐待を受けたコークスの心の傷は想像以上に深く、スタッフは「コークスに一番必要なのは愛情をいっぱい注ぐこと」とFacebookで里親の募集を開始。コークスはボランティアとして名乗りを上げたブルック・ウィルソンさん(Brooke Wilson)に託されることになった。

ブルックさんは、コークスを自宅に迎え入れた後のことをこう語っている。

「やってきたばかりの最初の1週間は私やルームメイト、家にやって来たほとんど全ての人に歯を剥きだして威嚇しました。コークスはこれまで優しさに触れたことがなく、人を信頼できなかったのでしょう。私はとにかく焦らず、温かく接し続けたのです。」

「コークスはいつも悲しそうな表情で、触られるのさえ嫌がっていましたが、時間が経つにつれ少しずつ心を開いていきました。私はコークスを友人やできるだけ多くの犬たちとも交流させました。そうしているうちにコークスは私の顔じゅうにキスをして迎えてくれたり、一緒に添い寝をするようになったのです。」

こうしてコークスとの絆を日に日に深めていったブルックさんは5月30日、一大決心を固めたのだった。

「実は里親ではなく、コークスを私の飼い犬として迎え入れることにしたのです。コークスがハッピーでいてくれることは、私の喜びでもあり、『コークスと離れることは考えられない』と思うようになったのです。」

そんなブルックさんはコークスのInstagramを開設し、多数の写真や動画を投稿している。そのなかのコークスの表情はとても穏やかで、たくさんの愛情に包まれているのが伝わってくる。第2の人生を歩み始めたコークスについて、ブルックさんは最後にこう述べた。

「虐待を受けていた犬から信頼を得るのはとても難しいことです。でも愛情と忍耐をもって接すれば、奇跡は起こるということです。」

画像は『Corks the Philosopher 2020年6月10日付Instagram「Damn butterfly was too fast!」、2020年6月20日付Instagram「You can tell a lot about someone by the way they hug you.」』『The Dodo 2020年6月15日付「Dog With A Sad Past Is So Happy He Got A Second Chance」(Dogs Without Borders)(Instagram/herro_mr_cutie)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)