「歩くことはないだろう」と言われた脳に障がいを持つ5歳児、初めて歩く(米)<動画あり>

「歩くことはないだろう」と言われた脳に障がいを持つ5歳児、初めて歩く(米)<動画あり>

「歩くことはないだろう」と言われた脳に障がいを持つ5歳児、初めて歩く(米)<動画あり>の画像

小脳に異常があり、医師に「一生歩くことはできないだろう」と言われた男児が、厳しいセラピーに耐え5歳にして初めて自分の足で歩いた。その時の様子は母親によってSNSに投稿され、多くの人に感動を与えて拡散している。『TODAY』『Fox 13 News』などが伝えた。


米ジョージア州チェロキー郡ウッドストックに住むカムデン・ハンソン君(Camden Hanson)が今月13日、5歳にして初めて自分の足で歩いた。カムデン君の勇姿を捉えた動画は、母親のマンディさん(Mandy)によってTwitterに投稿されると瞬く間に拡散し、10日間で再生回数が810万回を超える反響があった。

マンディさんはこの投稿に「マイヒーロー(#MyHero)」「ネバー・ギブアップ(#NeverGiveUp)」とハッシュタグを付け、次のようなメッセージを添えていた。

「こんな時期だからこそ、私たちには小さな幸せが必要だと思うのです。一番下の息子は進行性の小脳萎縮症(cerebellar atrophy)で身体に障がいがあり、1週間に10回のセラピーを受けています。そして今日、初めて1人で歩いたのです。」

13秒ほどの動画では、裸足のカムデン君がリビングに立ち、一歩一歩ゆっくりと足を前に進めている。身体を支えるのが難しいのであろう。カムデン君が踏み出した足は震え、安定こそしていないが、誰からの補助も受けずに自分の力で歩いている。そして数歩進み、ゴールの椅子に身体を預けたカムデン君は、ホッとしたようにマンディさんを見つめている。するとすかさずマンディさんが「グッド・ジョブ! ベイビー」と笑顔のカムデン君に声をかけていた。

カムデン君の小脳に異常があると診断されたのは1歳半の時で、バランスが悪く、歩こうとしてもふらついてばかりのカムデン君を神経外科医に診てもらったのがきっかけだった。MRI(磁気共鳴画像診断)の結果、両親は「歩行時のふらつきだけでなく、手の震え、ろれつが回らないなどの症状も現れる。今後は1人で歩くのは難しいだろう」と告げられた。

しかし家族は決して諦めず、カムデン君が1歳8か月になると理学療法、スピーチセラピー、作業療法などを開始して前に進んできた。

マンディさんは「最近のMRI検査では、カムデンの症状がかなり進行しているのが分かっています。しかし数多くのセラピーをこなすことで、2年前は音しか出せなかったカムデンが、今では文章を話すことができるのです。カムデンの『できるようになりたい』という強い意志が、不可能を可能にしてきたのです。5歳のカムデンは乗馬やロボットによるセラピーも受けているんですよ」と明かすと、こう続けた。

「カムデンは幼い頃から独立心が強く、なんでも一生懸命やる子でした。兄パーカー(Parker、7)の励ましも大きかったと思います。ただセラピーをしていない時のカムデンは、ビデオゲームやレゴ、おもちゃの車、ヒーローの真似をするのが大好きな普通の5歳です。ともすると障がいだけを見てしまいがちですが、カムデンはお茶目で人を笑わせるのも好きなのです。」

マンディさんはカムデン君が初めて歩いた動画が拡散していることに対し、「正直、これほど反響があるとは思いませんでした。でも『カムデンの笑顔に癒された』『やった! という気持ちが伝わってきて感動したよ。ありがとう』『ママの頑張りも素晴らしい』『おめでとう』といったたくさんのメッセージが届き、私たちも励まされました」と嬉しそうに述べた。

ゆっくりながらも確実に成長しているカムデン君だが、実は病気の原因となる遺伝子は未だ分かっておらず、未診断な希少疾患を研究する「Undiagnosed Diseases Network」にも参加しているそうだ。今秋からは幼稚園に通うことが決まっており、マンディさんは「今は歩行器を使っているけど、その頃までには松葉杖1本で歩けるようになっているんじゃないかしら」と笑顔で語った。

画像は『ABC Action News 2020年6月20日付「VIDEO: 5-year-old boy with brain condition inspires many with first solo steps」(Photo by: Mandy Hanson)』『TODAY 2020年6月16日付「Watch the moment a 5-year-old boy with a brain condition takes his first steps」(Mandy Hanson)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)