母親に26年間監禁された女性「シャワーは10年以上浴びていない。食事はネコの餌」と告白(露)

母親に26年間監禁された女性「シャワーは10年以上浴びていない。食事はネコの餌」と告白(露)

母親に26年間監禁された女性「シャワーは10年以上浴びていない。食事はネコの餌」と告白(露)の画像

「外界は危険がいっぱい。娘を自宅で守りたい」と、ロシアに住む母親が娘(42)を26年間も監禁していたことを『LADbible』『UNILAD』などが伝えて関心を集めている。監禁は母親が入院したことで発覚したという。


ロシア西部ニジニ・ノヴゴロド州にあるArefinskyという村に住むナデジダ・ブシュエバさん(Nadezhda Bushueva、42)が外部との接触を断たれたのは今から26年前、16歳の時だった。高校生活を終えたナデジダさんは、母親のタチアナ(Tatyana)に進学することも就職することも許されず、自宅にこもるようになった。

ナデジダさんが監禁されていたことが発覚したのは、タチアナが体調を崩し入院したためで、生活していけなくなったナデジダさんは地元の自治会のリーダーであるヴァシリー・トバルノフさん(Vasily Tovarnov)に助けを求めたのだった。

小売店の店員をしていたタチアナは2006年、娘を一度だけ病院に連れて行ったことがあったが、ナデジダさんが26年間で外出したのはその時だけで、ヴァシリーさんに「生きるためにネコの餌や古くなったパンをかじっていた。時には食べ物が腐っていることもあった」と語り、それまでの衝撃的な人生についてこのように暴露したという。

「母には『外には危険がいっぱいある。私を守りたい』と言われて監禁された。最初こそ戸惑ったものの、そのうちに慣れて外に行こうとも思わなくなった。」
「ネコ数匹と一緒に暮らしていた。ネコは死んでも家の中にそのまま放置していた。家の中にはネズミがウヨウヨしていた。」
「1つのベッドに母親と寝ていた。電気も水道も止まっていた。シャワーは2006年以来浴びていない。」
「外にずっと出ておらず、母が倒れた時も病院に付き添うのが怖かった。」

ヴァシリーさんによると、ナデジダさんは仕事と生活保護を受けるための身分証明書の発行を依頼してきたが、長きにわたり人との接触がなかったため「今の生活を大きく変えたくはない」と語っているという。この親子の家にはソーシャルワーカーが何度か訪問していたが、タチアナはスタッフを家に入れることは一度もなかったようだ。またナデジダさんに「なぜ逃げなかったのか」と質問すると、「いったいどこに行けばよかったの? 私には知り合いもいなければ、行く場所もなかったのよ。逃げ出したところでどうにもならないわ」とつらい胸のうちを明かしたという。

身勝手な母親により人生の半分以上を棒に振ってしまったナデジダさんは「私の人生はネコの人生よりも劣る。ネコのほうがよほどまっとうに生きている。私はもうこの世に存在しない人間になってしまった。生ける屍だ」と吐き出すように語ったそうだ。

画像は『The Sun 2020年6月24日付「HOUSE OF HORRORS Russian mum ‘forced her daughter to live off CAT FOOD while caged at her home for 26 years’」(Credit: Central European News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)