鼻の中に歯が見つかった6歳児 3年前に顔面強打し歯がなくなっていた(中国)

鼻の中に歯が見つかった6歳児 3年前に顔面強打し歯がなくなっていた(中国)

鼻の中に歯が見つかった6歳児 3年前に顔面強打し歯がなくなっていた(中国)の画像

鼻の不快感や鼻づまりに長い間悩んでいた中国在住の6歳女児の鼻の中から、1本の歯が見つかった。女児は3年前に転倒した際に歯がなくなっており、医師らは「怪我が原因で発生した非常に稀なケース」と驚愕しているという。『澎湃新?』『?球网』などが伝えている。


中国・陝西省にある西安第三医院で今月22日、6歳の女児の鼻腔から1本の歯が摘出された。女児は約3年前に顔面を強打する怪我をしており、何度か鼻の不快感や鼻づまりを訴えて地元の病院を訪れていた。しかしはっきりとした原因は分からず、症状も改善しなかった。

6月に入ると女児は「鼻が痛く呼吸が苦しい」と訴えるようになり、母親と一緒に西安第三医院を訪れた。診察した医師は女児の鼻腔内に何か硬いものがあることに気付き、CTスキャンを行ったところ、2センチ弱の歯を発見したという。

母親は「娘は3年前、椅子から落ちて顔を強く打ちつけたのです。その時に左上の歯がなくなっていることに気付いたのですが、いくら探しても見つかりませんでした。乳歯だったので、その時はあまり気にもせずそのままにしていました」と語っており、医師はこの時の激しい衝撃で歯が鼻腔内に押し込まれてしまったものと見ている。

耳鼻咽喉科主任の王延?医師は、この女児のケースについて次のように述べている。

「鼻腔内に歯が見つかるというのは非常に珍しく、最初は目を疑いました。歯は粘膜に包まれており、鼻の穴から見えたのは歯根だけで、残りは皮膚に埋もれていました。摘出手術は22日に行い、女児は順調に回復しています。子供が顔をぶつけるなどして歯がなくなった場合は、放置せず検査を受けることをお勧めします。」

ちなみに昨年11月にも中国で、20年前の怪我で折れた歯が鼻腔内で成長していた男性が話題になった。『IFLScience』によるとこのような症例は非常に稀で、人口の0.1〜1パーセント程度でしか発生しないということだ。

画像は『澎湃新? 2020年6月26日付「6?女童鼻子里“?牙”,取出后??竟是三年前失踪的…」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)