6年前からずっと仲良しの犬とイルカ、種族を超えた友情が美しい(米)

6年前からずっと仲良しの犬とイルカ、種族を超えた友情が美しい(米)

6年前からずっと仲良しの犬とイルカ、種族を超えた友情が美しい(米)の画像

犬が人に寄り添い愛情表現を見せることは知られているが、それはどうやら人に対してだけではないようだ。6月17日、Twitterに「邪魔してごめんね、重要なニュースだ」という言葉とともに投稿されたゴールデンレトリバーとイルカの写真が話題を呼んでいる。


話題になったのは、ゴールデンレトリバーとイルカが仲睦まじく、まるでキスをしているかのような写真だ。その愛らしい姿は「僕のTwitterにもこんなニュースが必要なんだ」、「もし人がこんな風にお互いを思いあえたら、この世界はもう少しまともだったかも」といったコメントが届き、133万件の「いいね」と24万2000回以上リツイートされた。

その後、Twitterアカウント「WeRateDogs」はこの犬とイルカの写真がフロリダのグラッシー・キーにあるイルカ研究所で撮られたもので、ゴールデンレトリバーとイルカが種族を超えて6年にわたって友情を育んでいることを突き止めた。

『London Evening Standard』によると6年前、イルカ研究所でシニアトレーナーとして働くマリー・ブラントンさん(Marie Blanton)は生後8週になる愛犬のゴールデンレトリバー“ガンナー(Gunner)”に色々な人や動物と触れ合わせてあげたいと考えていた。そこでマリーさんは、10年間勤務しているイルカ研究所にガンナーを連れて行き、イルカたちに会わせることにした。

マリーさんは、イルカのいるプールでガンナーが吠えたりして興奮するのではと懸念していたものの、実際のガンナーは落ち着いて伏せる様子を見せたという。マリーさん曰く、とても友好的で好奇心の強いイルカの“デルタ(Delta、当時4歳)”はそんなガンナーの落ち着いた姿に興味を抱いた様子だったそうだ。

「それからガンナーをイルカ用プールに連れていくたびに、デルタがガンナーに会いにくることに気付き始めたの。まるでガンナーと遊ぼうとするようにおもちゃを持ってくるのよ」とマリーさんは振り返っている。

ガンナーはデルタが持ってきたおもちゃを受け取り、一緒に遊ぶ方法をすぐに学習したという。

彼らの友情は時間とともに深まっていったが、6年を経てガンナーは7歳に、デルタは10歳になった。ガンナーが月に数回しかマリーさんに同行しなくなったこともあり、お互いが一緒に遊ぶ機会は減ってしまったそうだ。

しかしマリーさんは「それでも会った時にはすぐにお互いが分かるみたいで。とくにデルタはいつも最初にガンナーに挨拶のキスをしにくるの!」と語っており、彼らの友情は相変わらず続いているようだ。

イルカも犬も感情豊かで、とても知能の高い動物だ。種族を超えて培った彼らの美しい友情は、この先も薄れることはないだろう。

画像は『London Evening Standard 2020年6月25日付「Pictures of Florida dolphin and dog who have been friends for years go viral」(Marie Blanton)』『Dolphin Research Ctr 2020年6月11日付Twitter「A week or so ago, many of you loved seeing Golden retriever Gunner reunite with his friend Delta on our live stream.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE)