4歳次女に授乳する母親「長女も5歳まで続けた。娘の気が済むまで与えるつもり」(アイルランド)

4歳次女に授乳する母親「長女も5歳まで続けた。娘の気が済むまで与えるつもり」(アイルランド)

4歳次女に授乳する母親「長女も5歳まで続けた。娘の気が済むまで与えるつもり」(アイルランド)の画像

赤ちゃんの断乳のため昔はおっぱいに辛子を塗ったこともあったようだが、断乳や卒乳の時期で悩む母親は少なくないだろう。そんななか、娘が4歳になっても母乳を与え続ける38歳の母親が注目されている。『Metro』『The Sun』などが伝えた。


アイルランド西部ゴールウェイに住むナターシャ・キーンさん(Natasha Keane、38)は、夫アダムさん(Adam、35)、6歳のエリーちゃん(Ellie)、4歳半のグレースちゃん(Grace)、そして19歳のスティーヴン君と一緒に暮らしている。

末っ子のグレースちゃんは今でも朝と夜に母乳を飲んでおり、ナターシャさんは娘が「もう飲まない」というまで母乳育児を続けると決めている。エリーちゃんが卒乳したのも5歳の誕生日直前だそうで、「2年間は2人が両胸で同時に母乳を飲んでいたの。エリーは自分から『もういらない』と言ってきたから、グレースも気が済むまで母乳を与えるつもりよ」と明かした。

実はナターシャさんが長男スティーヴン君を産んだのは19歳の時で、生後数か月の時に母乳から粉ミルクに切り替えたそうだ。ナターシャさんは「私が薬を飲み始めたため、やむを得ず母乳を止めたの。スティーヴンは最初、ボトルからはなかなか飲んでくれなくてね。ストレスが溜まって1週間は泣き続けたわ。でもあの頃の私は『1歳を過ぎても母乳を与えるのは気持ち悪い』と思っていたの」と当時を振り返る。

そんなナターシャさんがなぜ母乳育児や自然卒乳に興味を持ったのか? ナターシャさんは、2度目の妊娠の時は心に余裕ができ、最初の失敗を繰り返さないようにとの思いから地元の母乳育児グループに参加した。

「最初の会合で、3歳の子と1歳半の子に同時に授乳しているママに会ったの。1歳を過ぎても母乳を与え続けるなんて考えもしなかったから、驚いたのなんのって。それからよ。自分で色々リサーチしたり、違う母乳育児の会合にも参加して、母乳についての知識を深めたの」と語るナターシャさん。調べて分かったのは、母乳のメリットは多岐にわたり、世界保健機関(WHO)と国際連合児童基金(UNICEF)が母乳育児を推奨していることだった。

ナターシャさんは「WHOとUNICEFが、母乳は赤ちゃん誕生後1時間以内にあげること、生後6か月までは母乳だけで育てること、そして離乳食が始まっても母乳を2歳以降も継続することを推奨しているの。それに子供たちは感染症から身を守る抗体を母親からもらうのよ。免疫力も上がるから、これまで娘が病院にかかったのは1度だけよ。子供たちは母乳のおかげでとても健康なの」と明かしている。

また4歳の子に母乳をあげることについては「『まだ母乳をあげてるの?』とよく言われるんだけど、授乳中は愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンが急増するのよ。母親はストレスが減るし、鬱病にかかりにくくなるし、子供とのスキンシップもとれるし…。それに寝る前に母乳をあげることで子供の寝つきもいいのよ。私の母乳育児を批判する人は、そういったメリットを知らないだけなの。だから『批判をする前にもっと勉強して!』と言いたいわ」と気にする様子はない。

ナターシャさんは病気で母乳育児ができない人などのために、これまでに6リットルの母乳を寄付しており「できるだけ多くの人に母乳のメリットを知ってもらえれば嬉しいわ。そして母乳育児が可能であれば、子供が自然に卒乳するのを待ってあげて欲しいの。断乳する必要は全くないわ」と述べている。

画像は『The Sun 2020年7月6日付「TWO ABREAST I tandem breastfed my kids and still feed my four-year-old ? I’ll only stop when she asks to」(Credit: PA Real Life)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)