34センチのウエストを持つ女性「これは遺伝よ」に「嘘でしょう」の声(ミャンマー)

34センチのウエストを持つ女性「これは遺伝よ」に「嘘でしょう」の声(ミャンマー)

34センチのウエストを持つ女性「これは遺伝よ」に「嘘でしょう」の声(ミャンマー)の画像

多くの女性が憧れるくびれたウエストとは、いったいどのくらいの細さを言うのだろうか。このたびミャンマー在住の23歳の女性が「私のウエストは34センチ。特別なことは何もしていない」と主張して注目を集めている。『INDOZONE』『Metro』などが伝えた。


ミャンマー在住で学生のスー・ナインさん(Su Naing、23)は、ウエストが約34.8センチ(13.7インチ)であるという。スーさんはInstagramにウエストが引き立つカラフルなドレスや、へそを出したカジュアルな姿を多数投稿しており、「なんて美しいの」「ウエストが素敵」「どうやったらそんな体型になれるの。すごいわ」といったポジティブなメッセージが多数寄せられている。

その一方であまりにも細いウエストには「写真を加工しているんでしょう」「これは信じられないね」「肋骨を切除したんでしょう」「コルセットを巻いてるんだよね」といったコメントも見られ、このたびメディアに登場したスーさんはこう反論した。

「私はあくまでも自然体よ。肋骨の切除も写真の加工もしていないの。細いウエストは健康的な食事、生活、そして遺伝によるものよ。特別なことは何もしていないわ。」

「私の外見についてとやかく言ってくる人がいるのは確かよ。でも私にはどこもおかしいところなんてないし、Instagramに写真を投稿してみんなに見てもらうことが好きなだけなの。」

そう主張するスーさんは公式にウエストを測ってもらったことはないようで、ギネス世界記録に興味があるわけでもなさそうだ。しかしながらイギリスの国民保健サービス(NHS)は「健康的なウエストのサイズは80センチ(31.5インチ)以下」としており、スーさんのウエストがいかに細いかが分かるだろう。

ちなみに世界最小のウエストのギネス世界記録は、1939年に英国のエセル・グレンジャーさんが達成した33センチ(13インチ)で、もともと56センチだったウエストをコルセットなどで絞ったそうだ。また1939年に亡くなったフランスの女優ポレール(Polaire、本名、エミリー・マリー・ブシャール、Emile Marie Bouchand)も、33センチのウエストでギネス記録に名前が掲載されている。

「世界最小のウエスト」を目指す女性では、2017年にドイツ生まれのソフィア・ヴェガスさんが肋骨を4本切除、2015年には、スウェーデン出身のピクシー・ホックスさんが肋骨を6本切除して話題となった。

画像は『Su Moh Moh Naing 2020年3月5日付Instagram、2020年1月3日付Instagram、2020年4月19日付Instagram「Myanmar Girl」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)