3歳で体重38キロ超、動画配信のため娘にジャンクフードを与え続けた両親(中国)<動画あり>

3歳で体重38キロ超、動画配信のため娘にジャンクフードを与え続けた両親(中国)<動画あり>

3歳で体重38キロ超、動画配信のため娘にジャンクフードを与え続けた両親(中国)<動画あり>の画像

中国では少し前に習近平国家主席が「食べ物を粗末にしないように」と国民に訴えたばかりだが、同国で3歳になる娘に必要以上に食事を与えてその様子を動画配信していた両親に「虐待ではないか」といった非難の声が多数あがっているようだ。『The Sun』や中国メディア『熱備資訊』などが伝えた。


中国の動画配信サービス『西瓜視頻』で、3歳の女児ペイチーちゃん(佩h)の食事する様子を捉えた動画が人々の注目を集めた。

両親は昨年10月、同動画サイトにペイチーちゃんのアカウントを開設し、娘にフライドチキンやハンバーガー、インスタントヌードルといった高カロリーの食事を与え、ペイチーちゃんが無心に食べる様子を動画に撮影して配信していた。

そのためペイチーちゃんはわずか3歳で体重が38キロ以上もあり、しかも両親は「約50キロを超えるまで食べさせたい」と話していたという。しかしペイチーちゃんは投稿された動画の中で「もう食べたくない」と懇願することもあったようだ。

そんなペイチーちゃんの動画は視聴回数が多いものでも55万回以上を記録し、両親はそこから収入を得ていたようだ。だがペイチーちゃんの両親に対して「これは児童虐待だ」「娘を金を生む牛として利用すべきではない」といった非難の声が集まりだした。

そのため現在、ペイチーちゃんの動画アカウントは停止されている。人々の非難の声に対して両親は「娘は健康そのもので楽しむために動画を撮影していた」と主張しているが、上海に拠点を置く小児科医のホワン・ジャンフェン医師(Huang Jianfeng)は次のように語った。

「明らかに普通の3歳児より太り過ぎです。小児肥満症が成人期に心血管疾患となる恐れがあるほかに、糖尿病や高血圧を発症することもあるのです。」

「ペイチーちゃんの動画は社会にとっても悪影響で、両親は注目を集めるために娘を“金の成る牛”として利用するべきではありません。」

なお現在、ペイチーちゃんの両親の元には、女性と子供の権利を保護する団体「中華全国婦女連合会」の調査が入っているとのことだ。

画像は『熱備資訊 2020年8月28日付「痛心!婦聯介入3?吃播女童事件,並指出或?嫌虐待」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)