兄を失った妹が葬儀中に爆弾発言、兄嫁とあわや殴り合い(南ア)<動画あり>

兄を失った妹が葬儀中に爆弾発言、兄嫁とあわや殴り合い(南ア)<動画あり>

兄を失った妹が葬儀中に爆弾発言、兄嫁とあわや殴り合い(南ア)<動画あり>の画像

南アフリカでも有数の墓石デザイナ−、レボハン・キツァネ氏(Lebogang Khitsane)の葬儀が行われた。彼の偉業を褒め称える素晴らしい追悼のはずだったが、妹の一言でつかみ合いの乱闘騒ぎとなった。『eNCA』など複数のメディアが伝えている。


レボハン・キツァネ氏は、クリエイティブな墓石を作ることで名を馳せた。13年前から墓石デザインの世界に入り、これまでにもネルソン・マンデラ氏をはじめ、サッカー選手、ボクサー、ミュージシャンなどの南アフリカ著名人にユニークな墓石を作成してきた。

かつて「スティーブ・ジョブズの墓石を作りたかった」と言っていたというキツァネ氏、そんな墓石界の巨匠が腎不全で8月27日に亡くなった。

子供たちは「無償の愛をありがとう。いつも太陽のようでした。温かく元気で、とても安らぎのある人でした」と父親への感謝を述べ、友人らも「彼は素晴らしい男だった」「葬式のトレンドを作った偉大な男」と悼まれ、子供のころからの友人であるエクルレニ市長は「彼は墓石産業の常識を覆し、革命を起こした」とキツァネ氏の業績を褒め称えた。

しかしキツァネ氏の妹セマティ・モエディさん(Semati Moedi)だけは違った。彼女は「レボハンは、痛みに苦しんでいた」とスピーチを始めると、「レボハンの妻が、男を家に連れ込んだからだ」と爆弾発言を放ったのだ。すると水の入ったボトルが彼女に投げつけられ、さらには妻が壇上に登ると「やめろ」とモエディさんに詰め寄った。警備員が2人の間に入ったが、マイクをしっかり握ったモエディさんは「この女は男を家に連れ込んだ」と叫び続けた。

このニュースが報じられると、「葬式が台無し」「彼女は子供たちが安らかに追悼することを邪魔した」といったモエディさんの行為を反対する意見もあれば、「妹は正しいことをした」「いいことも悪いことも含めてこその追悼式だ」といった声もあがっている。

画像は『eNCA 2020年8月30日付「WATCH: Drama unfolds at Lebogang Khitsane’s memorial service」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)