11歳少年、糖尿病の発作を起こした祖母を助けるため車を運転(米)<動画あり>

11歳少年、糖尿病の発作を起こした祖母を助けるため車を運転(米)<動画あり>

11歳少年、糖尿病の発作を起こした祖母を助けるため車を運転(米)<動画あり>の画像

米インディアナ州に住む11歳の少年が8月末、散歩中に糖尿病の発作を起こした祖母を助けるため、自ら車のハンドルを握った。そのことによって命を救われた祖母が『11Alive.com』などのインタビューに応じ、11歳の孫の健闘を称えた。


米インディアナ州インディアナポリス郊外に住むアンジェラ・ブルワー=レイさん(Angela Brewer-Laye)は先月25日、孫のピージェー君(PJ)と一緒に散歩をしていたところ突然、気分が悪くなった。アンジェラさんは糖尿病を患っており、血糖値が下がって眩暈を起こして身体が震えだしたのだ。

アンジェラさんは「外遊びが大好きなピージェーは、オフロードバイクか子供用のカート(4輪車)に乗って、よく私の散歩につきあってくれていたの。その日もそうだったわ。でも自宅から2.4キロ(1.5マイル)ほど離れた場所で、突然膝が震えだしてね。目の前に何かが飛んでいるように見え始めたの」と当時を振り返り、こう続けた。

「ピージェーは私が倒れ込むのを見ると、ものすごい勢いで自宅の方向に戻っていったわ。私は何とか『止まれ』の標識のところまで歩くと、ポールに寄りかかるようにして座り込んだの。」

「その時だったわ。私が所有するメルセデス・ベンツがこっちに向かってくるのが見えたのよ。ゆっくりだけど、スムーズな走りだったわ。それでよく見ると、ピージェーが運転していることに気付いたの!」

まさかのベンツの登場に驚いたアンジェラさんだったが、ピージェー君は祖母を車に乗せて自宅まで戻ると、車庫に車を入れた。そして家の中から糖衣錠の包みと甘いクラッカーを探してきてアンジェラさんに手渡した。

アンジェラさんは「全く驚いたのなんのって。まだ11歳のあの子は、まるでプロのドライバーのように落ちついて車を運転したのよ。それも車をぶつけたり縁石に乗り上げたりすることもなく、狭い私設車道に車を入れて駐車したの」と興奮気味に語った。

実はピージェー君、祖父に頼まれて広い庭で車を移動させることが何回かあったそうだ。それでもアンジェラさんは「公道を一人で運転したことは初めてなのに、あんな運転ができるなんて大したものよ。ピージェーには本当に感謝しているわ」と孫を称えている。

なおピージェー君は今月2日に12歳の誕生日を迎えており、アンジェラさんは「『ピージェーは『お礼なんていらないよ』って言うんだけどね。やっぱり嬉しくてね。少し早かったけど、誕生日のお祝いも兼ねてピージェーが大好きなカニの足を食べにいったのよ」と明かした。

一方のピージェー君は、「うちには車が3台あるのに、どうしてメルセデス・ベンツを選んだの?」との質問に「車の鍵が一番近くにあって、最初にその鍵を見つけたからさ」と答えたという。アンジェラさんは「さすがにベンツを運転している孫を見た時はびっくりしたけど、ピージェーは私の守護天使 (Guardian angel)だからね。そばにいてくれて本当に良かったよ」と笑った。

ちなみに孫の運転に感心したアンジェラさんは、ピージェー君が自宅周辺でハンドルを握る姿を動画に収めている。しかしながらこれは広い敷地を持つ一家だからできること。ピージェー君が本免許を取得できるまでは、あと4年待たなくてはならないそうだ。

画像は『11Alive.com 2020年9月1日付「11-year-old jumps behind the wheel to save grandma suffering medical emergency」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)