筋肉増強のためインスリンを摂取していたボディビルダー 昏睡状態に陥り3年間、要介護状態に(UAE)

筋肉増強のためインスリンを摂取していたボディビルダー 昏睡状態に陥り3年間、要介護状態に(UAE)

筋肉増強のためインスリンを摂取していたボディビルダー 昏睡状態に陥り3年間、要介護状態に(UAE)の画像

今から3年前、アラブ首長国連邦(UAE)在住のイギリス人男性が低血糖性昏睡に陥った。当時20歳だった男性は筋肉増強のためにインスリンを過剰に摂取しており、今でも介護が必要な状態が続いている。『Gulf News』『Daily Star』などが伝えた。


アラブ首長国連邦の首都アブダビ在住のボディービルダー、トリスタン・アルバーツさん(Tristan Alberts、23)は2017年11月18日、自宅で嘔吐し意識を失って倒れているところを母親に発見された。

トリスタンさんは低血糖性昏睡を起こし、呼吸不全に陥って脳が腫れており、搬送先の病院で緊急手術が行われた。しかしながら脳の損傷が激しく、それ以降はコミュニケーションを取ることや身体を動かすこともできなくなり、視力が奪われて24時間体制の介護が必要になった。

当時トリスタンさんは、頻繁に通っていたジムで筋肉増強のためのインスリンのサプリを定期的に与えられており、これが低血糖を引き起こした。インスリンは糖尿病の治療に使われる血糖値を下げるホルモンの一種だが、トリスタンさんのようにインスリンが正常に分泌されている人が余分に摂取した場合、血糖値が危険なレベルまで低下して昏睡状態や脳損傷を起こすことがあるという。

トリスタンさんは病院の集中治療室で103日を過ごし、2018年3月にアブダビの医療センター「NMC ProVita」に転院してリハビリを開始したが、3年を経た今も同センターに入院している。

南アフリカ出身の父ネヴィルさん(Neville、55)によると、トリスタンさんは現在、笑ったり「イエス」や「ノー」と答えることができるようになり、下半身に少しだけ力が入るようになったそうだ。それでも空腸に直接チューブを挿入して栄養剤を投与しており、自分でトイレに行くこともできないため自立するのはまだ先のようだ。

ネヴィルさんは「リハビリ施設のスタッフはとてもよくやってくれている。でもリハビリは一日1時間しか行わないんだ。だからトリスタンは看護師と少しばかりやり取りをした後は、一日のほとんどをベッドの上で過ごしているんだ。もちろん妻は日中は病院で過ごしているし、私も毎日息子に会いに行くけど、ここ数か月はコロナ禍で面会も禁止されてね。最近になってやっと規制が緩くなったんだ」と溜め息をつく。

さらにネヴィルさんを悩ませているのが、高額な治療費だ。保険会社がリハビリ代の支払いを拒否しているため、トリスタンさんの治療費は1か月で約111万円(3万9千UAEディルハム)にもなる。ネヴィルさんは高額な治療費を捻出できず、約3年前からクラウドファンディングサイトを開設して寄付を募っているが、今年1月には車のディーラーの職を失い途方に暮れているという。

ネヴィルさんは「実は3年前、息子がインスリンを摂取していることを知らなかった。医師に処方されたわけでもなく、ジムが勝手にインスリンを与えていたなんて寝耳に水だったよ。インスリンが危険であることはもちろんだけど、子供が何をしているのか、しっかり把握していなかったことを今でも後悔しているよ」と語ると、こう続けた。

「私はこれまでに銀行から約855万円(30万UAEディルハム)を借りている。こんな状況で職は見つからないだろうし、この先イギリスに移住することも考えているんだ。息子にはできるだけのことをしてあげたいと思っているよ。」

画像は『Gulf News 2019年8月31日付「Gym supplements leave Abu Dhabi resident in a coma」(Image Credit: Supplied)』『Daily Star 2020年10月23日付「Brit bodybuilder unable to see, talk and walk after supplements put him in coma」(Image: Real Press)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)