「親友」が子守と称して息子を虐待 母親「彼女を信頼してた」(露)

「親友」が子守と称して息子を虐待 母親「彼女を信頼してた」(露)

「親友」が子守と称して息子を虐待 母親「彼女を信頼してた」(露)の画像

ロシアで子守をしていた1歳半の男児を虐待、監禁したとして25歳の女が逮捕された。自らも3児の母親である女はこの男児の母親(20)から「親友」として信頼を得たうえで同居を提案。男児の母親を働きに行かせている間に虐待を繰り返していたとみられている。『The Sun』『Varlamov.ru』などが伝えた。


先月9月11日にロシアの複数のメディアが、ある女性(20)の「親友」と称して、女性の1歳半になる男児の子守をしていた女(25)が起こした許されざる虐待事件を報じた。

虐待を受けていたのは、オムスク州にある村に住むエフゲニア・ケブルスカヤさん(Yevgeniya Kabelskaya、20)の息子マクシム君(Maksim)だった。

地元メディアによると、エフゲニアさんは今年3月に夫を亡くした後、親友のグルミア・ルカノワ(Gulmira Lukyanova、25)の自宅に住まわせてもらうこととなり、経済的にも負担が少なくなると考えたエフゲニアさんはグルミアが住む隣村のコヤンバイに引っ越した。

当時のグルミアは妊娠していたが、夫はおらず3人の子供達と暮らしていた。彼女はエフゲニアさんが引っ越してくると、マクシム君の世話は自分が引き受けると申し出て、働きに出るよう勧めた。それからというものエフゲニアさんは仕事をしながら家事全般をこなし、全員の食費などは自分が働いた分から補っていた。

そんな生活が数か月ほど続いたある日のこと、エフゲニアさんはグルミアから「(マクシム君が)家財を壊したため修理に2万ルーブル(約2万7500円)かかる」と言われ、その分を働いて返すようにと迫られた。そして同時に、マクシム君の身体に異変が見られるようになった。

ある日、仕事から帰ってきたエフゲニアさんはマクシム君が怪我をしていることに気づいた。グルミアに怪我のことを訊ねると「他の子供達と喧嘩して転んだ時の傷」と話したという。しかしその後も何度かマクシム君の顔や身体に傷ができており、エフゲニアさんは日々グルミアへの不信感を募らせていった。エフゲニアさんは当時をこのように振り返っている。

「ある日仕事から帰った後、マクシムの左の頬に打撲したような痣がありました。その時グルミアは『ピアノの上から落ちた』と話していたのです。」

エフゲニアさんはマクシム君の身の安全を考えて、グルミアの家を出る決意をした。そして今年9月3日に彼女は引っ越し後の生活のために、政府からの支援金でマクシム君の養育費用を補うための手続きに出かけていた。すると突然、グルミアからメッセージと写真が送られてきた。

そこには手足を縛られて、殴られたような痣があるマクシム君の姿があった。そしてグルミアは「2万ルーブル返すまで、マクシムは渡さない」と脅してきたそうだ。急いでマクシム君のもとに向かったエフゲニアさんだったが、グルミアによって家の中に入ることができなかった。

エフゲニアさんは信頼していたグルミアの兄弟であるルスランさん(Ruslan)に「マクシムを助け出してほしい」と頼み込んだ。すぐさまルスランさんがグルミアの自宅に向かうと、そこには手足を縛られたマクシム君の姿があり、グルミアは「いたずらしたから躾けているだけだ」と笑いながら話したという。

ルスランさんはマクシム君を連れ出すとすぐにエフゲニアさんのもとへと連れて行き、マクシム君は救急車で病院に搬送された。その後は警察が関与することとなり、『The Sun』によるとグルミアは警察の調べに対してマクシム君を監禁したことを認めたそうだ。

エフゲニアさんは、地元メディアに対して「親友だったはずのグルミアは、マクシムを囚人のように扱っていました。彼女は私の親友であり、私は彼女を信頼していました」と語っている。

なおグルミアがマクシム君を虐待し監禁したことについて有罪となった場合、最大で7年間を刑務所で過ごすことになるという。

画像は『Varlamov.ru 2020年9月11日付「В Омской области полуторагодовалого ребенка избивали и морили голодом」(Om1.ru)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)