「強くあれ!」両脚を切断した17歳、前向きな姿を地域全体が応援(米)<動画あり>

「強くあれ!」両脚を切断した17歳、前向きな姿を地域全体が応援(米)<動画あり>

「強くあれ!」両脚を切断した17歳、前向きな姿を地域全体が応援(米)<動画あり>の画像

「サラのように強くあれ!(Strong like Sarah)」―こんな掛け声とともに17歳の高校生サラ・フレイさん(Sarah Frei)を励まし称える家族、仲間、そして地域の姿が話題になっている。サラさんは交通事故で両脚を切断し、約2か月半の入院を強いられていた。『KUTV』『Good Morning America』などが伝えている。


米ユタ州デービス郡シラキュース在住でクリアフィールド高校に通うサラ・フレイさんは今年7月30日、アイダホ州とユタ州の境にあるベア湖に友達3人と遊びに行った帰りに交通事故に遭った。サラさんが乗っていた車に正面から衝突した車の運転手は酒を飲んでおり、サラさんは同乗者の中で最も酷い怪我をした。しかし現場周辺は携帯電話が通じず、救急車が到着するまでに45分から1時間を要した。

サラさんはユタ州北部にあるローガン・リージョナル病院に搬送された後、ソルトレイクシティのプライマリー・チルドレンズ病院へ、さらに同市のユニバーシティ・オブ・ユタ病院へと転院した。その後、集中治療室で2週間半を過ごし、75日間の入院の間に20回の手術を受け、腸の30%を失い、両脚は太腿の半分下から切断された。

6人きょうだいの末っ子であるサラさんは、今年が高校生活最後の年で、事故前は学校でチアリーダーとして活躍、ゴルフチームにも所属していた。両親によると、サラさんは明るく思いやりがあり、いつもたくさんの友人に囲まれているという。

サラさんの入院中、両親は交替でサラさんの看病にあたり、きょうだいや高校のクラスメート、チアリーディング部の仲間、地域の住民らが病院の外からサラさんを励まし続けた。サラさんが入院していた病室には仲間からのポスターや写真が多数飾られ、ビデオ通話「FaceTime」で応援メッセージが送られた。またサラさんの入院費用や自宅の改装などの助けになればと、ファンドレイジングのイベントも数回開催された。

そんな周囲の応援に応えるように、サラさんは決して弱音を吐かずに手術に耐え、9月20日にはクレイグ・H・ニールセン・リハビリテーション病院に移った。両親はサラさんが回復する様子をInstagramに投稿し、サラさんを応援する全ての人々に感謝を伝えた。

Instagramには両親やきょうだいからのこんな言葉が綴られている。

「たくさんの励ましをありがとう。サラは痛みや腫れが引きとても調子が良いみたい。サラの前向きで明るい態度は医師、看護師、セラピストなど全ての人に活力をもたらしている。サラのパワフルさ、自信、不屈の精神は見習うべきものがあります。」

「上体を起こす練習中、何度やっても失敗するサラ。でも彼女はへこたれない。『自分はできる。もう一回』と言って何度も挑戦する。希望を捨てず、信念を持ち、諦めない。日に日に強くなるサラにエールを送りたい。『サラ! よくやった。その調子よ』とね。」

またリハビリ施設のヴェネッサ・リー医師は、サラさんについてこう語った。

「サラさんは腰から下が麻痺し義足をつけることができず、一生車椅子の生活となる可能性が高い。でも日々一生懸命リハビリに励み、決して弱音を吐かない。悪い知らせを伝えても、彼女は私たちを見て『それじゃ、私はどうしたらいいの? 何をしたらいい?』と解決策を探す。彼女は強く、どこまでも美しかった。」

そんなサラさんが退院したのは10月13日で、この日はサラさんの帰宅を祝うパレードが開催された。サラさんが病院を出ると、医師や看護師が並んで拍手を送り、サラさんのこれまでの健闘を称えた。パレードでは自宅のそばの約1.6キロを警察車両が先導し、チアリーダーがパフォーマンスを披露。高校のフットボールチームのメンバーや、「サラのように強くあれ!」「退院おめでとう」と書かれたポスターを掲げるクラスメート、地域の人など大勢がサラさんを歓迎した。サラさんはあまりの人の多さに驚き、涙を流し、支援に感謝した。

医師によると、サラさんは順調に回復しているものの今後も手術が必要とのことだ。しかし退院後もリハビリに励み、高校のフットボールチームの試合のハーフタイムでは、チアリーディングの部員と一緒に車椅子でパフォーマンスを行った。

サラさんは高校卒業後、ユタ州立大学で教員免許を取り、小学校の先生になるのが夢だそうで、最後にこんな言葉を残している。

「私たちは支え合うことができること、そして決して1人じゃないということを学んだわ。みんなの支えがあったからこそ、強くなれた。たくさんの愛を本当にありがとう!」

画像は『Sarah Frei 2020年10月22日付Instagram「We are still in awe at the support that Sarah has received from friends, family, neighbors and strangers!」、2020年8月4日付Instagram「This is Sarah Frei.」、2020年8月11日付Instagram「Words cannot express how grateful we are for the outpouring of love on Sarah’s behalf over these last 10 days!」、2020年9月20日付Instagram「Today the post is written by Sarah」、2020年9月24日付Instagram「Sarah’s therapy is going great!」「After 75 days in the hospital, 20 surgeries and over 70 hours of therapy, Sarah was able to come home on Tuesday!!」、2020年10月16日付Instagram「Sarah’s Coming Home Parade Part 1」』『Good Morning America 2020年10月29日付「Cheerleader gets welcome home parade, returns to field after double leg amputation」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)