「マツエクが無傷なの!」自動車事故で重傷も真っ先にアイリストへお礼を伝えた女性(米)

「マツエクが無傷なの!」自動車事故で重傷も真っ先にアイリストへお礼を伝えた女性(米)

「マツエクが無傷なの!」自動車事故で重傷も真っ先にアイリストへお礼を伝えた女性(米)の画像

「最近の若者は何を考えているのか?」といった言葉が年配者から聞かれるが、このほどアメリカで自動車事故に遭い瀕死の状態に陥った若い女性が自身のマツエクが無事だったことに驚き、アイリストに真っ先にお礼を伝えた。SNSでは「心配する順番が違うのでは?」といった声があがったが、重傷の女性があまりにも前向きだったことに多くの注目が集まったようだ。『The US Sun』『Mirror』などが伝えている。


米アリゾナ州在住のカタリーナ・モンテスさん(Katarina Montes)が、先月10月30日に自家用車を運転していたところトラックに衝突され、頭部に外傷を負うなど瀕死の状態に陥った。彼女の愛車シボレー・キャバリエは無残にも変わり果てて廃車になってしまうほど、事故の壮絶さがうかがえた。

カタリーナさんは治療のために入院したが、事故から3週間後に落ち着きを取り戻したのか、ある女性にお礼のメッセージを送ろうと思い立った。カタリーナさんは病床から包帯で覆われた痛々しい自分の写真を添えて、次のようなメッセージを送った。

「元気? 変な人と思われるかもしれないけど、でもあなたに伝えなきゃと思ったの! 本当にあなたは最高のアイリストだわ。私、10月30日に大きな自動車事故に見舞われたんだけど、見て! あなたが施術したマツエクは全くの無傷だったのよ!」

そんなメッセージを受け取ったのは、カタリーナさんのマツエク(まつげエクステンション)を施術したアイリストのヴァレリア・ブリアンナさん(Valeria Brianna)だった。

ヴァレリアさんはマツエクが無事だったことを喜んでいるカタリーナさんについて、自分の胸にしまっておくことができなかったようだ。

ヴァレリアさんが受け取ったメッセージのスクリーンショットをTwitterに投稿したところ、ユーザーからはこのような声が届いた。

「大きな事故に遭ったのに、彼女の前向きなところが大好きだわ。早く元気なることを願っています。」
「面白いなあ。最近の若い子ってどうなってんの? 心配する順番が間違ってるよ!」
「これは今まで見た中で最高のマツエクサロンの広告だよ。でも彼女が元気になってくれるといいんだけどね。」

しかし中には、カタリーナさんがSNSで注目を浴びるため「ワザと仕組んだ」と揶揄する人もいたが、カタリーナさん本人は「私は回復した今、ヴァレリアに感謝を伝えたかっただけなの。他人を非難する前によく考えてからものを言って! 私はまだこれから長い道のりを乗り越えなきゃならないけどユーモアは私を前向きにしてくれるの」と反論した。

またカタリーナさんは今月22日、「自分が生きていることは非常に幸運だった」として命を救ってくれた医療関係者に対して感謝の言葉をツイートしている。

画像は『The US Sun 2020年11月23日付「OH EYE GOD Woman praises her beautician for her ‘poppin’ lashes’ after they stay in place during horror car smash」(Credit: @karinamontesx/Twitter)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)