「歯の妖精さん、私の歯をお金に換えて!」ミントタブレットで妖精をだまそうとした9歳女児(英)

「歯の妖精さん、私の歯をお金に換えて!」ミントタブレットで妖精をだまそうとした9歳女児(英)

「歯の妖精さん、私の歯をお金に換えて!」ミントタブレットで妖精をだまそうとした9歳女児(英)の画像

日本では歯が抜けると屋根の上や縁の下に投げる習慣があるが、欧米では「抜けた歯を枕の下に置いて寝ると、歯の妖精“トゥースフェアリー(Tooth Fairy)”がやって来て、歯をお金(コイン)に交換してくれる」と言われている。子供が就寝中、歯をコインに変えるには家族の協力が欠かせないのだが、イギリスの9歳の女児はコイン欲しさにちょっとした作戦を考えて実行した。微笑ましいエピソードを『Metro』『Mirror』などが伝えた。


英デヴォンに住むレイチェル・ボイチェホフスキさん(Rachel Wojciechowski、44)が、Facebookグループ「Family Lockdown Tips and Ideas」に投稿した娘アイリスちゃん(Iris、9)との微笑ましいエピソードに注目が集まっている。

ある朝のこと、レイチェルさんが娘のベッドメイキングを終えて枕を持ち上げると、白くてつるつるした歯が置かれていることに気付いた。その歯には真っ赤な血が付いており、手に取ってじっくり見たレイチェルさんは、思わず吹き出しそうになったという。

レイチェルさんは「大きさもアイリスの歯と同じくらいだし、最初は本物だと思ったのです。でも娘にグラグラした歯はなかったし、何よりもミントの香りがしたのですよ」と当時を振り返る。

実はミントの香りのする歯は「チックタック(TicTac)」というミント味のタブレットで、アイリスちゃんはより本物らしく見せるために赤のペンを使って血を描いていたのだった。

レイチェルさんが問いただすと、アイリスちゃんは「歯の妖精から、2ポンド(約280円)をもらおうと思ったの。でも朝起きたらまだ歯が置いてあったのでがっかりしていたところよ」と正直に打ち明けたという。

レイチェルさんは「アイリスは歯の妖精を信じていて、コインをもらうことをとても楽しみにしているのですよ」と明かすと、その後の娘とのやり取りについてこう語った。

「娘は歯の妖精がコインをくれるとばかり思っていたのでしょうね。夫と私はアイリスに『歯の妖精をだますことはできないわよ』と言って聞かせました。ただその後、本物のコインのかわりにチョコレートのコインをあげました。」

なおこのエピソードには、投稿後約15分で約1000件のコメントがあがったそうで、レイチェルさんは「まさか、こんなに反響があるとは思いませんでした」と驚きを隠せない。

その中のいくつかを紹介しよう。

「赤のペンで血を描くなんてやるね。」
「きちんと嘘を認めたところはえらい。」
「よっぽどコインが欲しかったのね。」
「これは本物の歯と間違えそうだよ。」
「発想がかわいい。」
「努力だけは認めてあげよう。」
「がっかりしたこの子の顔が浮かぶよ。」
「9歳で歯の妖精を信じているなんて純粋だわ。」

ちなみに思わず微笑んでしまうような子供のニュースと言えば昨年5月、頑固な1歳児が犬の餌を「触ってない」と必死に訴える姿が動画に収められて拡散した。母親は娘が「触った」と知りつつ約2分もやり取りを続けており、女児の大物っぷりが話題になった。

画像は『The Sun 2021年1月12日付「CUNNING TAC-TIC Mum left in stitches after daughter’s hilarious trick to ‘scam’ the tooth fairy」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)