息苦しさを感じた男性、就寝中にAirPodsを飲み込んでいたことが判明(米)

息苦しさを感じた男性、就寝中にAirPodsを飲み込んでいたことが判明(米)

息苦しさを感じた男性、就寝中にAirPodsを飲み込んでいたことが判明(米)の画像

誤飲事故は幼い子供に限ったことではないようだ。このほどアメリカに住む38歳の男性は、寝ている間にワイヤレスイヤホンのAirPodsを飲み込んでしまった。男性は「まさか」と思ったが、病院で受けたX線検査の写真で胸部にAirPods(エアーポッズ)が映っていた。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。


米マサチューセッツ州ウースターに住むブラッド・ゴーティアさん(Brad Gauthier、38)は今月1日、妻ヘザーさん(Heather、32)の誕生日を自宅でお祝いした。夜になってベッドに入った際にAirPodsを耳に装着し、iPhoneで音楽を聴きながら眠りに落ちたという。

そして翌朝、いつも通り起床したブラッドさんは片方のAirPodsが紛失していることに気づいた。ベッド周りを探すも見つからず、一旦諦めてその後1時間ほど家の前の雪かきをしていた。

一仕事終えたブラッドさんは喉が渇いていたためコップ1杯の水を飲んだところ、胸に息苦しさを感じ始めた。この時、息子のオーウェンさん(Owen、15)から「もしかして喉に無くなったAirPodsが詰まっているじゃないの」と言われたそうだ。

妻のヘザーさんにも同じことを言われたが、ブラッドさんは笑い飛ばしていたという。しかし彼は眠っている最中、カチッという音とともに何かを飲み込んだような微かな記憶があった。

心配になったブラッドさんは再び寝室で片方のAirPodsを探し始めたが、ヘザーさんとオーウェンさんから病院に行くよう勧められ、X線検査を受けることにした。

ブラッドさんは当初、息苦しさの原因はヘザーさんの誕生日パーティーで食べた物が原因だと思っていたようだが、X線検査によりブラッドさんの食道にAirPodsが留まっていることが判明した。

ブラッドさんが水を飲んだ時、AirPodsが喉の奥で水を堰き止め、溜まった水が食道内を圧迫したことにより息苦しさを引き起こしていたようだ。ブラッドさんはその場で内視鏡による異物除去術を受けることとなったが、医師からは「摘出中にAirPodsが胃や肺などに入ってしまうかもしれない」とリスクが伴うことを告げられた。

幸いにもAirPodsは無事にブラッドさんの食道内から取り出された。手術後は多少の不快感はあったものの痛みなどはなかったという。

ブラッドさんは治療にあたった病院の関係者に感謝するとともに、今回の事故をAirPodsユーザーに注意喚起したいと思っているとのことだ。

ちなみに今回ブラッドさんの食道から摘出されたAirPodsは、マイク機能は壊れてしまったもののまだ音楽を聴くことはできるため、引き続き使用しているそうだ。

画像は『The Sun 2021年2月6日付「SOUNDS PAINFUL Man has surgery to remove Apple AirPod lodged in his throat after he ate the ear bud in his sleep」(Credit: Caters News Agency)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)