愛犬に噛まれた小さな傷で、手指を切断へ 40歳女性が命の危機に(英)

愛犬に噛まれた小さな傷で、手指を切断へ 40歳女性が命の危機に(英)

愛犬に噛まれた小さな傷で、手指を切断へ 40歳女性が命の危機に(英)の画像

愛犬に手指を噛まれた女性が数日後、感染症で命の危機に陥った。女性は3週間たった今も入院中で、手指の切断を迫られているという。『Metro』『New York Post』などが伝えている。


英南西部プリマス在住の4児の母ミシェル・エリスさん(Michelle Ellis、40)は1月中旬、オスの飼い犬“パッチ(Patch)”をケージに入れようとして手指を噛まれた。小さな傷だったためそのまま放っておいたミシェルさんだったがその後、インフルエンザのような症状が続いたうえ、両手指や唇、鼻が黒く変色し、1月16日に地元のデリフォード病院に搬送された。

検査の結果、ミシェルさんはパッチに噛まれた傷から細菌が増殖して感染症を起こし、敗血症で多臓器不全に陥っていることが判明。医師らは「命に関わる」と判断し、ミシェルさんを薬による昏睡状態に置いて治療を続けた。

ミシェルさんの娘キアーナさん(Keana、24)は「パッチに噛まれた傷はたばこの焼け跡ほどの小さなものだった」と明かしているが、ミシェルさんの手指は壊死して黒いままで、入院から3週間経っても腎臓の機能が回復せずに透析を受けている。

ミシェルさんの女きょうだいのメラニー・エリスさん(Melanie Ellis)は、ミシェルさんのためにクラウドファンディングサイト「GoFundMe」を立ち上げており、その中で次のように綴っている。

「入院から2週間後、ミシェルは目を覚ましました。ただ家族は病院への立ち入りを禁止されており、つらい日々が続いています。」

「ミシェルのことは多くのメディアが『敗血症で両手を切断した』と伝えていますが、医師らは現在、ミシェルの手指をどれだけ残せるかを検討中で、切断はこれからです。ミシェルの鼻と唇は回復しましたが、本人には指の切断については話していないのです。またパッチを安楽死させるかどうかについても、ミシェルの判断を待とうと思っています。」

「ミシェルにもう少し力がついてきたら全てを話すつもりですが、今も身体が腫れ、心臓の筋肉にも炎症がみられるため検査を受けています。完全に回復するにはかなりの時間を要するうえ、義手は片手だけで約463万円(32000ポンド)もかかり、5年ごとに新しくしなければなりません。」

「ミシェルは飼い犬のほんの小さな噛み傷で命が脅され、今も闘いは続いています。私たち家族は、ミシェルが前向きにこの困難を乗り越えてくれることを信じています。そしてこのことを多くの人に知ってもらい、二度とこのようなことが起こらないよう祈っています。」

ちなみに2019年には米オハイオ州の女性が、飼い犬に腕を噛まれ四肢切断を余儀なくされ、ドイツでは60代の男性が、飼い犬に舐められたことで感染症を患い、多臓器不全で死亡していた。

画像は『New York Post 2021年2月5日付「UK mom has hands amputated after dog bite put her into a coma」(Facebook)』『Plymouth Live 2021年2月3日付「Plymouth mum was left in a coma after family dog bit her」(Image: Keana Ellis)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)