銛で漁をしていた青年 手に持っていた魚をサメに奪われ腕を失いかける(ニュージーランド)<動画あり>

銛で漁をしていた青年 手に持っていた魚をサメに奪われ腕を失いかける(ニュージーランド)<動画あり>

銛で漁をしていた青年 手に持っていた魚をサメに奪われ腕を失いかける(ニュージーランド)<動画あり>の画像

銛に刺さった魚をめがけて現れたサメがその先端に噛みつき、魚を奪い去っていったというニュースがニュージーランドより届いた。奇跡的にケガひとつ無く難を逃れた青年は、腕を失いかける恐怖の経験にもかかわらず、「怖かったというよりは、ただ驚いたよ」と振り返っている。『7NEWS.com.au』などが伝えた。


ニュージーランド南島に位置するネルソンにて先月14日、ジャマン・ウィルソンさん(Jahmon Wilson、18)は海で銛を使って魚を獲っていた。手にはGoProを持っており、水中の様子などを撮影していたそうだ。

ジャマンさんは水中にいたキングフィッシュに狙いを定め、銛で見事に仕留めた。今回初めてキングフィッシュを獲ることに成功したジャマンさんは「大きい個体だったので、友人や家族に振舞うのを楽しみにしていました」と話した。そして銛の先端にその魚を刺したまま岸へ戻ろうとした時、突然周囲の海水がうねりを上げたという。

当時の様子をジャマンさんはこのように明かしている。

「最初は獲ったキングフィッシュが暴れているのかと思いました。刺した直後でも跳ね回るというのはよくあることです。しかしその後、サメがぶつかってきたんです。それで僕が持っていたキングフィッシュに噛みつきました。そのまま20メートルほど引っ張られましたが、魚を奪うと離れていきました。」

「当時はものすごいアドレナリンが出ていたのを感じましたが、わりと落ち着いていましたね。怖かったというよりは、ただ驚きました。」

ジャマンさんを襲ったのはクロヘリメジロザメという種類で、全長2〜3メートルほどの大きさだ。このサメは攻撃的ではないと知られており、周囲にいた人たちは今回の出来事に驚いたという。

ジャマンさんもこのことを知っていたようで「クロヘリメジロザメがこんなに近くまで寄ってきて魚を奪うなんて、とてもレアなこと」と話している。当時ジャマンさんが撮影した水中の写真には銛とその先にサメが写っているそうだが、水の透明度が低くほとんどその姿は見えない。この状況ではサメに気付かなくても無理はないだろう。

ジャマンさんは「楽にエサをゲットしたかったのか、サメは僕ではなく魚だけを狙っていたので、腕を食べられなくて本当にラッキーでした。この経験は世界でも数えるほどの人数しかいないと思います。魚を失うだけで済んでよかったです。たまたまカメラで撮影していましたが、もし映像が無ければきっと怖い気持ちが残っていましたね」とコメントしている。

恐怖の体験をしたのにもかかわらず、ジャマンさんは再び海に戻って漁をしたいと明かしており、現在は壊れてしまった銛を新しいものに買い替えようと考えているそうだ。

画像は『7NEWS.com.au 2021年2月5日付「Dramatic moment shark attacks teen before dragging him 20 metres through water」(Credit: Supplied/Jahmon Wilson/Supplied/Jahmon Wilson)(Credit: Jahmon Wilson/Supplied/Jahmon Wilson)』『LADbible 2021年2月4日付「Video Captures Shark Almost Biting Teen’s Hand Off While Spearfishing」(Credit: Pen News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)