「HOLLY WOOD」サインにいたずらしたインフルエンサー達 すぐにバレて現行犯逮捕(米)<動画あり>

「HOLLY WOOD」サインにいたずらしたインフルエンサー達 すぐにバレて現行犯逮捕(米)<動画あり>

「HOLLY WOOD」サインにいたずらしたインフルエンサー達 すぐにバレて現行犯逮捕(米)<動画あり>の画像

ロサンゼルスの有名な「HOLLY WOOD」サインがいたずらされてしまい、「HOLLY BOOB」に変わってしまった。これはSNSのインフルエンサー達による犯行で、「乳がんへの関心を高めるためにやった」と供述しているという。警察は破壊行為が無かったことから軽犯罪の不法侵入として扱い、犯人達はすぐに釈放されたという。『Los Angeles Times』などが伝えた。


米カリフォルニア州ロサンゼルスの山に設置された「HOLLY WOOD」のサインに今月1日、“WOOD”を“BOOB(おっぱい)”に変える悪質ないたずらが発生した。“W”の文字に“B”のアルファベットが書かれた大きな防水シート”を覆いかぶせ、最後の“D”の部分には真ん中に横棒が入っており、“B”と読めるように施されていた。

ロサンゼルス市警察によると、この計画的な犯行は6人グループが行ったものだという。ハリウッドエリアを管轄するスティーブ・ルーリー警部(Steve Lurie)は今回の件について以下のように公表した。

「同エリアのセキュリティ担当者は今月1日午後1時15分頃、監視カメラに映る男性5人と女性1人の姿を確認しました。ヘリコプターに乗っていた担当者も、山を下っていく姿を目撃しています。モルホーランド・ハイウェイに出た犯人達は、警官や公園の管理者らに発見され、その場で逮捕されました。」

この「HOLLY WOOD」サインは近くにあるグリフィス天文台から観光するのが定番で、サインのある場所はプライベートエリアとして管理されているため、近くまで行くことはできない。これにより逮捕者達は不法侵入として扱われたが、サインが破壊されていなかったことから軽犯罪と処理されてすぐに釈放されたという。

警察は逮捕者らの詳細を明かしていないが、逮捕者の一部がSNSに画像や動画を投稿したことにより、犯人が明らかとなった。

犯行の首謀者とされているジュリア・ローズ(Julia Rose)は今月2日、犯行直後と思われる写真を「みんな、ついにハリウッドサインを変えたわよ」とTwitterに投稿していた。

ジュリアはモデルやインフルエンサーのトップレス写真を扱うオンライン雑誌の創設者で、普段からSNSにヌード写真などを投稿しており運営から警告を受けていたという。

また2019年に同僚のローレン・サマー(Lauren Summer)とメジャーリーグのワールドシリーズを観戦していたジュリアは、ライブカメラに映った際にTシャツを脱ぎ、トップレスになるという事件も起こしていた。

この時も乳がんの啓蒙活動の一環として行ったとジュリアは主張していた。逮捕はされなかったものの、メジャーリーグ側が無期限の観戦禁止を言い渡している。

ちなみに、ハリウッドサインがいたずらの対象になったのは今回が初めてではない。2017年には「HOLLY WOOD」サインが「HOLLY WeeD(大麻)」に変えられるという事件も発生していた。

画像は『TheGossipScoop.com 2021年2月3日付「PHOTOS: Instagram Model And 5 Others Arrested For Changing The Hollywood Sign To “Hollyboob”」』『Julia Rose 2021年2月2日付Twitter「guys…. I finally fixed the Hollywood Sign」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)