チャリティーのためユニークなコスプレで歩く5歳女児、クラスメイトも応援に駆けつける(英)

チャリティーのためユニークなコスプレで歩く5歳女児、クラスメイトも応援に駆けつける(英)

チャリティーのためユニークなコスプレで歩く5歳女児、クラスメイトも応援に駆けつける(英)の画像

イギリスで5歳女児の行動が人々の心を奮い立たせている。この女児は慈善事業団体への資金調達のために毎日、雨の日も雪の日もユニークなコスチュームで近所を散歩しているのだ。そんな姿が話題となり、道行く女児に地元の人から声援が届くようになった。『Mirror』などが伝えた。


英ランカシャー州ウェストホートンに住む5歳のジャスミン・ホルトちゃん(Jasmine Holt)が注目を集めている。ジャスミンちゃんは、子供のメンタルヘルスをサポートする非営利組織「Place2be」が主催する「Children’s Mental Health Week 2021」への資金調達のために、毎日少し変わったコスチュームで近所を散歩しているのだ。

ある日はユニコーン、またある日は絵文字の「うんちマーク」のコスチュームを着て、ジャスミンちゃんは母親のアビー・ミルズさん(Abbey Mills、32)と一緒に一日あたり3〜5マイル(約4.8〜約8キロ)を散歩しているそうだ。

「Children’s Mental Health Week 2021」は今月1日から7日までとなっており、ジャスミンちゃんとアビーさんは、7日間で30マイル(約48.3キロ)以上歩くことを目指した。

実はジャスミンちゃん、メンタルヘルスの問題を抱えており、学校生活で苦労することがあったそうだ。そこでアビーさんは今回の「Place2be」による資金調達プログラムに、ジャスミンちゃんを参加させることに大きな意義があると考えたようだ。アビーさんはジャスミンちゃんについて次のように語った。

「ジャスミンはまだ5歳ですが、とても優しい心の持ち主なんです。いつも『誰にも悲しい思いはして欲しくない』って私に話すんですよ。」

「この間はうんちのコスチュームを着てたんですが、ジャスミンは『大丈夫じゃないけど、うんちみたいな良くない気分の時もあるからね。これは平気よ』なんて言っていたんです。」

当初はコスチュームでの外の散歩に気乗りしなかったジャスミンちゃんだったが、今ではアビーさんの手を引いて歩くほどお気に入りの日課になったそうだ。母娘は雨の日も雪の日も歩き続け、その姿を目にした地元住民からは応援の声が寄せられるようになった。

そして歩き続けて20マイルを超えたあたりで、ジャスミンちゃんの通う学校のクラスメイトや先生が応援メッセージを書いた垂れ幕を持って、ジャスミンちゃんを待ち受けていた。

たくさんの拍手が鳴り響く中で、絵文字のスマイリーフェイスに扮したジャスミンちゃんとアビーさんは驚きとともに嬉しさが込み上げてきた。そしてこの時点で1500ポンド(約21万7000円)もの募金が集まっていたという。

アビーさんのFacebookには、声援を送る先生やクラスメイトと一緒に嬉しそうにしているジャスミンちゃんの姿が投稿されており、「完全に圧倒されたわ。当然よね! ジャスミン、みんなはあなたのことをとても誇りに思っているわ」と綴っている。

画像は『Abbey Mills 2021年2月2日付Facebook「It’s ok to feel a bit poop sometimes you know.」、2021年2月5日付Facebook「SHE’S DONE IT!」、2021年2月1日付Facebook「CHILDRENS MENTAL HEALTH WEEK」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)