高速道路を横断するコアラ、助けようとした男性が車から降りるも6台が絡む玉突き事故に(豪)<動画あり>

高速道路を横断するコアラ、助けようとした男性が車から降りるも6台が絡む玉突き事故に(豪)<動画あり>

高速道路を横断するコアラ、助けようとした男性が車から降りるも6台が絡む玉突き事故に(豪)<動画あり>の画像

通勤ラッシュで交通量の多い道路を1匹のコアラが横断しようとしていた。それを助けようと車から降りた男性だったが、後続車による玉突き事故が発生した。コアラにケガは無かったものの、衝突した車に乗っていた1人が首の痛みを訴えて病院に運ばれたという。コアラは現場にいた女性の車でレスキュー隊の到着を待ち、のちに自然に返されたそうだ。『The Guardian』などが伝えている。


オーストラリアの南オーストラリア州アデレードにあるサウス・イースタン高速道路のクラファーズ出口付近で今月8日、1匹のコアラが道路を渡ろうとしていた。午前7時頃のことで、道路は通勤ラッシュで混雑していた。

このコアラが轢かれてしまうと危惧した1人の男性が車を降りて救出を試みたが、後続車に追突されてしまった。その後、次々に車が衝突し合計6台の車が絡む事故となってしまった。

衝突した車の3台ほど後ろにいたというナディア・タグウェルさん(Nadia Tugwell)は「私が現場に着いた時には、すでに多くの人が車を降りていました。私を含めてほとんどの人は何が原因だったのか知らなかったのです」と『The Guardian』のインタビューで語っている。

そしてナディアさんは、高速道路の真ん中で車の間を歩き回るコアラを発見した。

「コアラはドタドタと歩いていて可愛かったわ。1人の女性がコアラの背後に回り、ブランケットのようなもので捕まえようとしていたので、私も参加しようと車から上着を持ってきました。」

「コアラは私を見るとすぐに逃げてしまったんですが、反対側に女性がいて2人で捕まえることができました。その女性は車に子どもを乗せていたのでコアラは私の車の中で保護し、アデレード・コアラレスキュー(Adelaide Koala Rescue)に連絡しました。」

そのように話すナディアさんは、以前にも別の場所で野生動物を救出した経験があり、電話番号を知っていたという。

近くのガソリンスタンドで待ち合わせすることになり、1時間ほどレスキュー隊の到着を待っていたナディアさんは「最初は車の中でコアラと過ごしていましたが、コアラが動き回って私が座っていた場所を奪ってしまったので、仕方なく外で待っていました。レスキュー隊が到着すると、コアラはバッグの中に入れられてケージに移されましたよ。抵抗することも無く、本当に大人しかったですね」と話している。その時に撮影された動画には、運転席からダッシュボードに移動し、動き回るコアラの姿が映っていた。

アデレード・コアラレスキューでボランティアとして活動するアン・ビッグハムさん(Ann Bigham)は「コアラはケガも無く、健康状態も良好でした。車に轢かれずに済み、本当に幸運だったと思います。救出をしてくれた人たちには感謝しています」と述べている。

その後、このコアラは高速道路から約1キロ離れた場所に放たれたそうだ。

南オーストラリア警察のダミアン・アイクナーさん(Damien Eichner)は「動物たちの安全確保も大切ですが、人々の安全はより重要なことです。高速道路のような交通量の多い場所で車を止めるのは大変危険な行為で、自身も危険にさらすことになります」とドライバー達に注意を促した。

画像は『9News 2021年2月8日付「Koala causes peak hour chaos at Adelaide freeway」(9News)』『The Guardian 2021年2月8日付「‘Quite a calm koala’: marsupial gets behind the wheel after being rescued from Australian freeway」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)