セルフタンニング剤を使い寝てしまった女性、変わり果てた姿に「もう笑うしかなかった」(英)

セルフタンニング剤を使い寝てしまった女性、変わり果てた姿に「もう笑うしかなかった」(英)

セルフタンニング剤を使い寝てしまった女性、変わり果てた姿に「もう笑うしかなかった」(英)の画像

英ケント州ロチェスターに暮らす18歳の学生が、即効性のあるセルフタンニング剤をつけたまま寝てしまい、映画『シュレック』のフィオナ姫のようになってしまった。「自分でも笑うしかなかった」という爆笑ハプニングを『Metro』『The Sun』などが伝えている。


英ケント州で馬に関連した経営(エクイン?マネージメント)を学んでいるリリー・ビガスさん(Lilly Vigus、18)は、女友達とルームシェアをして暮らしている。

ある日のこと、リリーさんは「外出もめっきり減って退屈なので、ストレス解消にセルフタンニングをしよう」と思い立ち、店に足を運んだ。

「馬のほかに唯一興味があるのが、セルフタンニングなのよ」と明かすリリーさん。もともと肌の色が白く太陽に当たるとすぐ真っ赤になってしまうため、日焼けはできるだけ避けている。しかしその日は普段使っている商品が見つからず、店には「サンモリス(St. Moriz)」というブランドの「ダーク(黒っぽい色)よりもダークな色(Darker Than Dark)」という色味の商品1本しか残っていなかった。

リリーさんは「仕方なくそれを購入して早速使ってみたの。そして全身に一塗りした後に、『いつもより色が濃いかしら』とは思った。でもせっかくだからボトル全部を使って2度塗りしたのよ。商品には『1〜2時間で小麦色の肌を手に入れることができる』という説明書きがあったけど、そのまま落とすことなく寝てしまったの」と当時を振り返り、こう続けた。

「朝起きて、身体が緑色に変わっているのに気付いたわ。シャワーで落とそうとしても、いつまでたっても水の色が緑色のままだった。そんな状態が数日続いたのよ!」

「私を見たルームメートは爆笑し、学校に行くとみんなが立ち止まってジロジロ見てきたわ。それに私を見て映画『シュレック』に登場する“フィオナ姫”にそっくりだという人もいたの。緑色の肌とジンジャーヘアが同じだからでしょうね。こうなるともう、笑ってごまかすしかなかったのよ。」

なお『Kennedy News』によると、緑色の肌になっても冷静に対処し周囲に笑いを届けたリリーさんをサンモリスのスポークスマンは絶賛し、次のように述べたという。

「リリーさんのセルフタンニングは、ナチュラルで健康的な輝きがあってとても素敵です。セルフタンニングは気分を高揚させるだけでなく、自信が生まれることで人々を笑顔にするのです。」

画像は『New York Post 2021年2月12日付「Woman looks like Fiona from ‘Shrek’ after fake tan goes horribly wrong」(Kennedy News & Media)(Kennedy News; DreamWorks)』『The Sun 2021年2月12日付「OGREDID IT WITH THE TAN Student turns green like Fiona from Shrek after fake tan blunder」(Credit: Kennedy News & Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)