毒ヘビから飼い主の幼い子ども達を守った猫、自ら噛まれて犠牲に(豪)

毒ヘビから飼い主の幼い子ども達を守った猫、自ら噛まれて犠牲に(豪)

猫が飼主の子を守り死ぬ/豪

毒ヘビから飼い主の幼い子ども達を守った猫、自ら噛まれて犠牲に(豪)

毒ヘビから飼い主の幼い子ども達を守った猫、自ら噛まれて犠牲に(豪)の画像

民家の庭で遊んでいた一家のもとに毒ヘビが出現し、飼いが2人の幼い子ども達を守るために立ち向かった。ヘビを撃退したもののヘビに噛まれてしまった猫は、翌朝に天国に旅立ってしまった。この猫の勇敢な行動に「4本脚のヒーローだ」など多くの称賛の声が集まった。『9News』などが伝えている。


豪クイーンズランド州サンシャイン・コーストに住むある一家の2人の幼い子ども達が、飼い猫の“アーサー(Arthur)”と庭で遊んでいた。穏やかに遊んでいたところ突然、イースタンブラウンスネーク(Eastern Brown Snake)が現れた。

このヘビはオーストラリア東部を中心に生息し、その動きは素早く攻撃的な性格で知られている。しかもヘビの毒は世界で2番目に強く、人間が噛まれれば数分で倒れてしまうほどだ。

そんなヘビが現れてパニックになったが、アーサーは勇敢にも2人の幼い子ども達を守るようにヘビの前に立ちはだかったのだ。アーサーが身を挺してヘビと闘っている間に、両親は子ども達を室内に連れていき安全を確保した。

見事ヘビを撃退したアーサーはその場に倒れてしまったが、幸いなことにすぐ意識を取り戻した。誰もアーサーがヘビに噛まれた場面を目撃していなかったため、飼い主らは安堵したようだ。

しかし翌朝になるとアーサーは再び倒れてしまい、動けなくなっていた。ここでようやく「ヘビに噛まれていたかもしれない」と気付いた飼い主はすぐ動物救急サービス(Animal Emergency Service、以下AES)へ運び込んだが、アーサーはすでに手遅れだった。

AESは「ヘビに噛まれると倒れた後すぐに回復するという症状は、飼い主達にはあまり知られていません。アーサーはいたずらっ子でよくケガをして私達のところに来ていて、スタッフみんなから愛されていました。大変心苦しいことでしたが、アーサーは天使の羽を手に入れ、飼い主のもとを去りました」と述べており、アーサーはヘビの毒によって命を落としてしまったのだ。

この事故がAESのFacebookに投稿されると、「小さな体に大きな心を持った、本当に勇敢な猫だね」「悲しいけれど、アーサーは正真正銘のヒーローだよ」「猫は家族を守るために、素晴らしい勇気を発揮することもあるんだ」「天国でも素敵な家族に会えるといいね」など多くのコメントが寄せられた。

飼い主は「アーサーが子ども達の命を救ってくれたことは一生忘れず、記憶として心に残るでしょう」と語ったという。

画像は『Animal Emergency Service 2021年2月15日付Facebook「In loving memory of Arthur, the four-legged hero.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)