3,500匹のウミガメが寒さでこん睡、室内に氷柱 米大寒波で異常事態に<動画あり>

アメリカに大寒波、各地で大停電発生 ウミガメが寒さによるショックでこん睡状態に

記事まとめ

  • アメリカでは今月16日に強い寒波が到来したことで、何百万軒もの家で停電が発生した
  • テキサス州では3,500匹以上のウミガメが、寒さによるショックでこん睡状態に陥った
  • 保護団体などがウミガメを室内プールに避難させ、徐々に体温が上昇するのを見守った

3,500匹のウミガメが寒さでこん睡、室内に氷柱 米大寒波で異常事態に<動画あり>

3,500匹のウミガメが寒さでこん睡、室内に氷柱 米大寒波で異常事態に<動画あり>

3,500匹のウミガメが寒さでこん睡、室内に氷柱 米大寒波で異常事態に<動画あり>の画像

アメリカを襲った強い寒波の影響により、各地で大停電となる事態が発生した。この異常な寒さで3,500匹以上のウミガメがショックでこん睡状態に陥り、停電で暖房が使えない室内では氷柱(つらら)が発生したという。『USA TODAY』などが伝えている。


アメリカでは今月16日に強い寒波が到来したことにより、何百万軒もの家で停電が発生した。一部の地域では数日間は電気の復旧が見込めない可能性があると言われるほど、電力供給が追い付いていない状態だ。

テキサス州のサウス・パドレ・アイランドは穏やかな海に囲まれた観光地で、ウミガメが生息していることで有名だ。しかし強大な寒波が襲ったことで3,500匹以上のウミガメが寒さによるショックでこん睡状態に陥ってしまった。

サウス・パドレ・アイランドの公式Instagramに投稿された動画には、海から救出され建物内に運ばれた無数のウミガメが並んでいた。

ウミガメの保護団体「Sea Turtle, Inc」と多くのボランティアが吹雪の中にもかかわらず集まり、動かなくなってしまったウミガメを室内にある子ども用プールに避難させ、徐々に体温が上昇するのを見守った。

同団体で事務局長を務めるウェンディ・ナイトさん(Wendy Knight)は「この中で何百匹ものウミガメが、寒さが原因で絶命している可能性もあり、本当に恐ろしいです。今回の厳しい寒さによって、数十年かけて絶滅の危機にあるウミガメの数を増やしてきた私達の努力が水の泡になってしまうかもしれません」と憔悴した様子で明かした。

またテキサス州ダラスにおける冬の最高気温は平均で15度前後だが、今月15日には最高気温でマイナス10度を記録するという異常な寒さに見舞われた。

ダラス在住のトーマス・ブラックさん(Thomas Black)は今月16日、Twitterに室内のシーリングファンから氷柱が垂れる衝撃の写真を投稿した。極度の寒さで水道管が破裂したことに加え、停電により暖房も使えなかった結果、室内に氷柱ができるという不思議な現象が起きてしまったようだ。

この写真を見たユーザー達は「これは寒すぎるな」「大家さんに見せるために写真だけ撮って、早くその家を出た方がいいよ」「テキサスの建物には冬に備えた断熱材は設置されていないんだよね」などのコメントを寄せた。

天気予報によると、この異例の寒さは週末には落ち着くという。しかし停電の影響で水の供給システムもダウンしていることから、安全のため水道水は一度沸騰させてから飲むようにと注意喚起されている。

画像は『USA TODAY 2021年2月18日付「Icicles hanging from a ceiling fan, a frosted cactus: Texas is frozen in surreal photos」(Photo/LM Otero)』『The Washington Post 2021年2月17日付「Volunteers race to save thousands of cold-stunned turtles washing up in Texas」(Sea Turtle, Inc.)』『THOMAS BLACK 2021年2月16日付Twitter「This is how cold it is at my Apartment.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)