事故で怪我をした仲間に一晩中寄り添う犬、治療中も離れず(ブラジル)<動画あり>

事故で怪我をした仲間に一晩中寄り添う犬、治療中も離れず(ブラジル)<動画あり>

事故で怪我をした仲間に一晩中寄り添う犬、治療中も離れず(ブラジル)<動画あり>の画像

家族や友人が病気や怪我で苦しんでいるのを見て胸を痛めるのは、何も人間だけではないようだ。このほどブラジルで撮影された、自動車事故で怪我をした仲間の犬に寄り添う犬の動画が人々の目頭を熱くしている。『Daily Star』『The Sun』などが伝えた。


ブラジル、セアラー州イグアトゥ市で現地時間2月14日の午後、市内の幹線道路で自動車事故に遭い負傷した犬がいた。犬はまだ息はあるものの横たわったままで身動きひとつできずにいた。

そばにはもう1頭の犬が負傷した犬を見守るように座っていた。犬は時折、前脚で負傷した犬を起こそうとしたり顔を舐めるなどして決してその場を離れようとしなかった。

のちにこの2頭を見かけた通行人が地元の動物保護団体「Ong Adota Iguatu」に連絡したことで、保護することにした。しかしこの日は対応できる獣医がいなかったため、同団体はやむを得ず2頭の保護を翌日にまわすこととなったようだ。

そして15日の朝、同団体のスタッフは獣医とともに2頭のいる現場に向かった。負傷した犬はかなり弱っていたようだが、どうやらもう1頭の犬は一晩中その犬を見守っていたようだ。

スタッフと獣医は負傷した犬を保護しようとしたが、もう1頭の犬が仲間がさらわれると思ったのか攻撃的な態度を見せたという。最終的に犬を安心させて2頭を車に乗せて保護したが、この時対応した動物看護師のマリーナ・アスンソンさん(Marina Assuncao)は当時のことを次のように語っている。

「負傷した犬のそばにいた犬は、舐めてあげたり前脚で起こそうとしたりしていました。そして私たちが負傷した犬を車に乗せると、その犬は既に車内に飛び乗っていたんです。病院に到着してからも治療中はずっと、その犬のそばを離れようとしませんでした。」

マリーナさんによると、きょうだいかどうかはまだ分かっていないが、2頭とも生後9か月から12か月ほどと見ているそうだ。

負傷した犬は治療を受け、さらに動物専門の整形外科医によって骨折していないか検査をする予定という。幸いにも負傷した犬は治療の甲斐あって、今では自分の脚で歩くことができるまでに回復している。

同団体のInstagramには、心配そうに見守っていた犬が嬉しそうに尾を振って回復した犬に寄り添う姿があった。2頭は“カジュ(Caju)”と“カスターニャ(Castanha)”と名付けられ、同団体で世話をすることになり、のちに新しい家族を探す予定とのことだ。

画像は『ONG ADOTA IGUATU 2021年2月15日付Instagram、2021年2月16日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)