【紀元曙光】2020年1月29日

【紀元曙光】2020年1月29日

【紀元曙光】2020年1月29日の画像

新型コロナウイルスによる肺炎患者が、増加の一途をたどっている。現場の医師や看護師は、心身ともに限界を超えている。24時間の連続勤務、あふれかえる患者。その家族からは、医療現場の能力を超えた無理な要求が突きつけられる。
▼家族の心情も分かるが、こうなったときの中国人は、中国共産党が植えつけた性質をむき出しにして、極めて攻撃的になる。医師も看護師も疲労困憊。あまりの圧力に絶叫し、泣き出す医療関係者の姿もSNS上の動画に見られる。
▼習近平氏は「(情報は)直ちに発表しなければならない」とする一方、「社会全体の安定を断固として守る」ために、世論誘導や宣伝工作も指示している。中国政府傘下のメディアは、お家芸のごとく、現地へ向かう医療チームを、志願した出征兵士のように英雄的に描いている。
▼ところが「情報を直ちに発表」のほうは、さっぱりお留守のようで、タイムリーな患者数はおろか、どうみても少な目に発表しているとしか思えないのだ。
▼もはや情報操作の効く段階ではない。医師も看護師も感染して倒れている。薬剤もベッドも圧倒的に足りない。新しい病院を建設するために、重機を並べて、徹夜で土ならしをしている「英雄的画像」を見たが、冗談としか思えない。
▼いま中国人が実行可能なことは、ただ一つ。中国共産党による精神の鎖を断ち切り、脱党を誓うことだ。あなたの傍に、感染を全く恐れず、落ち着いた柔和な表情の人がいたら声をかけてみてほしい。それは法輪功学習者である可能性が高い。その人が、あなたに大切な話をしてくれるだろう。

関連記事(外部サイト)