【紀元曙光】2020年2月2日

【紀元曙光】2020年2月2日

【紀元曙光】2020年2月2日の画像

前稿の続きを書く。10日前まで何もなかった場所に、病院らしきものはできるのかも知れない。予定では明日、2月3日完成となっている。
▼言うまでもないが、いま武漢の現場で、自分の命も危険に晒しながら奮闘している医療関係者には敬意を表すべきだろう。ただし、その人々が中国共産党員でないことを願う。党のヒモつきではなく、誠実な医療人として激務に立ち向かう人々の安全を、筆者は衷心から祈っている。
▼中国政府傘下あるいは中国共産党系のメディアを覗くと、いま多くの医師や看護師が志願して「入党」しているという。それらの新党員が赤い共産党旗に鼓舞されて防疫の「第一線」に送られていく場面が、まるで出征兵士の壮行会のように、英雄的に報じられている。筆者にとっては、吐き気がするような演出だが。
▼つまりは見世物なのだ。第二次大戦後の平時において、8千万人とも言われる自国民を異常死させ、さらには法輪功学習者やウイグル人など罪なき人々から臓器を収奪する悪魔的医療ビジネスをやった中共は、その醜悪な顔を仮面で隠して、死に物狂いで善人を演じるのである。
▼もはや半世紀前の中国ではないので、多くの中国人の心は、すでに中共から離れている。ところが(今回の病禍は大きな不幸だが)非常時になると、中共は「ここぞ見せ場」と思うのか、実にわざとらしい奇妙な動きをするのだ。
▼もっとも今回の場合は、あまりにも状況が深刻なので、政権存亡の危機ととらえているに違いない。ほめる意図はさらさらないが、中共は見世物がうまい。病院作りも、その類である。

関連記事(外部サイト)