英語での曜日の呼び方を決めた惑星と北欧神話 Sunday〜Thursday

オーディン 流離人 ゲオルク フォン ローゼン

流離人オーディン。このように絵画などでは一般に、片目が無い、長い髭を持った老人で、つばの広い帽子を被り、グングニルという槍を持った姿で表される。スウェーデンの画家ゲオルク・フォン・ローゼンによる(1886年)(オーディン – Wikipediaより)

英語で『日曜日』は『Sunday』、『月曜日』は『Monday』、『火曜日』は『Tuesday』、『水曜日』は『Wednesday』、『木曜日』は『Thursday』、『金曜日』は『Friday』、『土曜日』は『Saturday』です。

“曜日の名前は『太陽(日)』や『月』、5つの惑星に由来する”ということを踏まえると、『Sunday』は“Sun(太陽)のday(日)”『Monday』は“Moon(月)のday(日)”というのはイメージ出来るかと思います。

それに対して『Tuesday』、『Wednesday』、『Thursday』、『Friday』の4つの曜日は、『北欧神話』が由来だそうです。『Tuesday』は“軍神(戦争の神様)”の『チュール』から来たとされています。『チュールの日(チュールデー)』が変化して『Tuesday』です。

『Wednesday』は『北欧神話』の中でも、中心的な存在の神様『オーディン(Odin)』から来ています。この『オーディン』が『ウヲーデン』や『ウエンデン』に変化して最終的に『Wednesday』となったそうです。そんな『オーディン』の息子の一人が、『Tuesday』の由来となった『チュール』です。

『Thursday』は『北欧神話』の”雷神”の『トール(Thor)』が由来とされています。『トールの日』ということで『Thor’s day』となって、さらにそれが変化して『Thursday』になったと言われています。この『トール』も『チュール』と同じく、『オーディン』の息子です。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

関連記事(外部サイト)