『ジュラシックパーク』『あすなろ白書』、93年は映画もドラマも傑作が並ぶ

スティーヴン・スピルバーグ – Wikipediaより

1993年、日本で一番ヒットした映画は、スティーヴン・スピルバーグ監督『ジュラシック・パーク』です。
最先端のCGを使って描かれた、リアルな恐竜たちは世界中を驚かせました。
その後もシリーズ化されて、今年の夏にはシリーズ5作目となる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開されています。

その次にヒットしたのが『ボディガード』です。
主演はケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン。ホイットニーが歌った主題歌『オールウェイズ・ラヴ・ユー』も大ヒットしました。

邦画では『ゴジラVSモスラ』、『REX 恐竜物語』といった怪獣や恐竜モノの作品がヒットしました。

ドラマでは江口洋介さんや福山雅治さん、酒井法子さん、いしだ壱成さんなどが兄妹役を演じた『ひとつ屋根の下』、真田広之さん、桜井幸子さんの『高校教師』などが話題になりました。

この年、私も何本かドラマに出演させて頂きまして、そのひとつが『あすなろ白書』です。
石田ひかりサン、筒井道隆さん、木村拓哉さん、西島秀俊さん、そして私・鈴木杏樹の5人の若者の物語でした。当時、全員20代前半でしたネ。
今でも藤井フミヤさんが歌う主題歌『TRUE LOVE』を聴くと、当時のことを思い出します。


■杏樹の感想

今回、台風21号や北海道胆振東部地震で被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。
大変な被害の様子を、見たり聞いたりしていると、本当に胸が痛む思いです。
被災された方々に1日も早く、平穏な日々が戻りますように・・・。

今週は『スズキ・ワゴンR』が1993年9月3日に発売され、今年で25周年を迎えたのを記念して、当時の世相を振り返りました。

私の場合、女優として大きなステップとなる作品に出演させて頂いたりと、思い返してみると、とても印象深い年でした。
皆さんは25年前、どこで何をされていましたか?

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

関連記事(外部サイト)