北海道胆振東部地震が激甚災害に指定へ〜宿泊50万人がキャンセル

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月14日放送)に外交評論家の宮家邦彦が出演。北海道胆振東部地震の現在について解説した。

北海道胆振東部地震 北海道 地震 停電 全道 観光 キャンセル 50万人 災害 震災

地震で発生した北海道厚真町の土砂崩れ。広範囲で土が露出している=2018年9月6日午前、北海道厚真町 写真提供:産経新聞社

北海道胆振東部地震、安倍総理が激甚災害に指定へ

安倍総理は昨日、北海道の地震に関する関係閣僚会議で、今回の地震を激甚災害に指定する見込みだと表明した。政府は今後、道路や農地の被害状況の調査を進め、閣議決定する方針。

飯田)今回は激甚災害に指定と。指定されると、国からのお金がより出るようになるというものですか?

宮家)そうです。借金も借りやすくなります。そもそも、激甚災害は「激しく甚だしい」と書きますね。激しく甚だしいのだけれど、最近は激甚ばかりじゃないですか。本当に運が悪いというか、嫌な事というのは続くのですよね。北海道全域に影響が及んだ、そしてその状況が続いていますから激甚災害の指定というのは当然だけれども、今後こういうことが続いてきたらどうなるのか心配ですよね。震災は関東にもいつかくるわけでしょう。心の準備だけはしておかなければいけないなと思います。

北海道胆振東部地震 北海道 地震 停電 全道 観光 キャンセル 50万人 災害 震災

地震の影響で停電した札幌市内。中央左はさっぽろテレビ塔=2018年9月6日午前4時25分 写真提供:共同通信社

地震による全道停電で、被害が拡大

飯田)この地震というものも、停電があった。しかもそれが全道に及んだというところが、社会的に混乱を招いた要因でもありました。

宮家)オール電化にした人はかわいそうですよね、どうにもならないですから。オール電化が悪いと言っているわけではないけれども、いろいろな手段でなんとか最小限のことができるような強靭性が、生きていく上では必要だと思います。

北海道胆振東部地震 北海道 地震 停電 全道 観光 キャンセル 50万人 災害 震災

正面から見た時計台(札幌市時計台 – Wikipediaより)

観光産業へ甚大な被害〜宿泊50万人がキャンセル

飯田)読売新聞が1面で伝えていますけれども、経済への影響という点では北海道は観光が1つの産業であったということで、宿泊50万人がキャンセルということです。

宮家)50万人。どうしても皆敬遠しちゃうのですよね。

飯田)停電があったから全道に影響はありましたけれども。

宮家)他はそんなことはないのですよ。僕は北海道が好きですから、今年は特に暑かったので行きたかったのですが……観光もできるだけ早く戻って欲しいですね、冬はスキーもあるし。

飯田)スキーもありますし、これから秋にかけては魚と農産物がどんどん出てきますから。土曜と日曜にすすきのへ取材に入ったのですが、人が少なくなって寂しそうでしたね。ラーメン横丁にも美味しい物はいっぱいありますからね。もう札幌の辺りには電気が戻っていますし、大丈夫だと思います。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く

関連記事(外部サイト)