自民党・三原じゅん子が「男性にもHPVワクチン接種を」と話す理由

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(3月13日放送)に、自由民主党・参議院議員の三原じゅん子が出演。子宮頸がんを予防する「HPVワクチン」について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):厚生労働省は2013年に中断されていた、子宮頸がんを予防する「HPVワクチン」の積極的勧奨を再開することを決めました。

自見はなこ:淵澤さんは、子宮頸がんがウイルス性の感染症であると知っていましたか?

淵澤:ほとんど知りませんでした。

自見:性交渉でうつる感染症なのです。年間2800人が子宮頸がんで亡くなっています。「HPVワクチン」の積極的勧奨の再開に向けて、三原先生と一緒に活動していたのですが、三原先生は、私が国会議員になる前から活動されていました。

三原:私は子宮を失って、子どもを産み、宿すことが叶わなくなった。「この苦しさを若い子たちに味わって欲しくない」と感じていました。単純に、その思いだけで選挙戦に出て、「HPVワクチンの定期接種化をして欲しい」という気持ちで活動して来ました。

淵澤:ウイルス感染ということは、ワクチンでかなり予防できるのですか?

三原:そうですね。がんを予防できるワクチンというのは、あまり他にはないと思います。また子宮頸がんだけでなく、中咽頭がんや、肛門がんなどにも効果があると言われています。

自見:海外だと女性だけではなく、男性にも定期接種している国が多いのです。日本で現在、問題になりつつあるのが、男性の中咽頭がんです。これも子宮頸がんと同じウイルスが引き起こしています。

淵澤:接種する年齢は、若い方がいいのですか?

三原:性交渉をする前に接種するのが望ましいとされています。

自見:性交渉をしたあとでも、効果がないわけではありません。かかりつけ医の先生などとご相談いただく必要もあると思います。ただ、社会全体で予防しようということを考えると、ある一定の、性交渉前の年代からが望ましいということです。

三原:今後は、先ほど自見さんもおっしゃっていましたが、男性にも接種していただけるような体制づくりが必要だと思います。

関連記事(外部サイト)