クリスマスツリー頂上の「星」は何のために飾るの?

「ハロー千葉」では、千葉のイベント情報に合わせて耳より情報を紹介する。今回は、成田ゆめ牧場より「クリスマスツリーを完成させよう」などのイベントの話題だ。

クリスマスの飾り付けと言えば、キラキラ光るボールをつけたり、電飾をつけたり、ジンジャーブレッドマンやキャンディケインを下げたり…。もちろん、サンタさんやトナカイ、天使のオーナメントなど様々です。
そして、ツリーの頂上には星の飾り付け。子供の頃は、「てっぺんのお星さまつけたい!」とねだった方も多いのではないでしょうか?

このツリーのいちばん上に飾る「星」。なぜ飾るようになったのでしょうか?

クリスマスツリーの歴史は古く、古代ゲルマン民族のお祭りが原型という説もあります。
ツリーが歴史に登場するのは16世紀ごろ、ドイツ各地で記録が残っているそうです。

「星」の呼び名にもいくつか種類があり、「ツリートップ(トッパー)」「トップスター」、または「ベツレヘムの星」と呼ばれたりします。
「ツリートップ」「トップスター」はその名の通りの呼び方ですが、「ベツレヘムの星」とは一体何でしょうか?

「ベツレヘムの星」とは、キリスト教の意味合いが強い星です。
イエス・キリストの誕生にある、東方の三博士(または三賢者、三賢人)たちを、キリストが誕生したベツレヘムまで導いたとされています。

もともとツリーを飾る風習の発祥自体はヨーロッパ、現在のドイツ周辺とされているので、キリスト教に深い関わりがあったわけではないようです。
しかし、キリスト教が広まった地域では、クリスマスはイエス・キリストの生誕を祝う大切な行事。そのため、キリストの誕生とともに賢者たちを導いた「ベツレヘムの星」を、ツリーの頂上に飾るようになったのでは? と言われています。

クリスマスの飾りひとつとっても、国や宗教によっていろいろな捉え方がありますね。


光であそぶ、光とふれあう「光の体験牧場」へようこそ!
成田ゆめ牧場は土日祝限定で冬季夜間営業を実施中。幻想的な「光のトロッコ列車」が夜の牧場を駆け巡ります。

ゆめ牧場は夜間営業もあり! 「行ってみようかな?」というお気持ちをグイっと後押しすべく、こっそりお得情報を。

ただいま入場ゲート脇に大きなクリスマスツリーを設置しています。
飾りつけが美しく施されているのですが、実はこれ、電飾以外、全てお客様にご持参いただいたものばかり
手作りオーナメント持参で遊戯施設1回無料券を差し上げるイベント「クリスマスツリーを完成させよう」です。
ということは…夜間営業「光のトロッコ列車」への無料乗車が可能!

イベントの1つ「トナカイやぎとハイチーズ」も開催。
サンタ衣装はお貸し出ししますので、トナカイに変身したヤギさんと「めぇ〜」リークリスマス!
合わせてホームページもご覧ください。

成田ゆめ牧場
〒289−0111 千葉県成田市名木730
営業時間:9:00〜17:00
※入場最終受付:16時
※GWや冬期(12月〜2月)等、季節により変動がございます。
年中無休・年末年始も休まず営業いたします。
詳しくはこちら

【ハロー千葉】

関連記事(外部サイト)