自民党・三原じゅん子が尽力した、小児がんに関わる「健康な卵子・精子の凍結保存」

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(3月20日放送)に、自由民主党・参議院議員の三原じゅん子が出演。「小児がんケア」について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):日本では「小児がんケア」が遅れていると聞きます。これについて三原さん、自見さんにお話を伺えればと思います。

自見はなこ:日本では年間2000人〜2500人のお子さんが「小児がん」にかかると言われています。特徴としては、血液のがんである白血病が多いのが特徴です。医療もずいぶん進歩したので、7割〜8割のお子さんが「寛解」……治っている状態に近いところまで来ています。ただ、小さい時期にがんになるので、特有の課題もあります。例えば、抗がん剤治療や放射線照射をすると、成長の発達が阻害される場合もあります。

淵澤:なるほど。

自見:将来赤ちゃんが産めるかどうかについて、「妊孕性(=妊娠する力)」を温存できるかどうかは大事です。幼いころに卵子や精子を凍結してとっておくのは、たいへん重要なことになります。この事業に関して、三原先生が厚生労働副大臣(当時)として尽力してくださり、前に進みました。

三原:大きな希望を与えることができてよかったと思います。かなりきつい抗がん剤を打つと、後遺症が残るという問題があります。その前に、健康な卵子や精子をしっかり凍結保存しておくことが当たり前になって行けば、皆さんの希望になるのではないかと思っています。

自見:最後に、ラジオの前の子育て中のママやパパへ、メッセージをお願いします。

三原:子育てで悩んでいる方は、たくさんいらっしゃると思います。そういう方たちのために、まさに「こども家庭庁」をつくってくれているのが自見さんだと思います。一緒に力を合わせて縦割りを打破しながら、皆さんに向けて使い勝手がよくなるように尽力しますので、ぜひ期待していただきたいと思います。

関連記事(外部サイト)