社会貢献って何だろう?あなたと考える年末特別番組

ニッポン放送では、2018年12月29日(土)午後3時〜4時に特別番組「公益財団法人 社会貢献支援財団 presents 明日への扉」を放送する。

社会に貢献されている方々の功労に報い、その活動を支援して、社会貢献活動の普及と社会の進展を目指す公益財団法人 社会貢献支援財団では、毎年2回、社会貢献者の表彰式を行っている。今回、11月26日に行われた第51回社会貢献者表彰式の受賞者5組の紹介を通し、社会を取り巻く問題、社会貢献とは何か?をリスナーのあなたとともに考える番組をお届けする。

パーソナリティは、ニッポン放送初登場、社会貢献者表彰式でも司会を努めたラジオパーソナリティ蒲田健。また、ナレーションは新保友映アナウンサーが務める。

番組でご紹介する5組は次の通り
@ NGO 「ブラジル人労働者支援センター」
2003年から労働者として主にブラジルや中南米から来日した日系人の職場や生活上での問題解決支援を行っています。
A NPO法人「在日外国人教育生活相談センター・信愛塾」
在日コリアンの子どもたちをはじめ、中国語やタガログ語、英語を母語とする子どもたちへの学習支援や学校や家庭でもない「第三の居場所」として在日外国人と日本人が交流する場を提供しています。
B 里親事業・牧野博子さん
里親となる人が全くいなかった大阪府門真市で自身が里親第一号となり、里親制度の発展、児童福祉の増進、里親の質向上のために活動されています。
C 日本アノレキシア・ブリミア協会(NABA)
摂食障害からの回復と成長を願う人たちの自助グループとして1987年に設立。
同じ悩みを抱える仲間との出会いと分かち合いを通じて互いに支え合い、助け合いながら回復、成長していくことを目的に活動されています。
D 人身取引被害者サポートセンター ライトハウス
2004年から日本国内での性的搾取を目的とした人身取引被害者への直接支援開始。同時に学校、一般企業、警察、議員などへも講演や研修を行っています。

社会貢献者表彰式など詳しくは、公益財団法人 社会貢献支援財団公式HP(https://www.fesco.or.jp/)もご参照ください。

公益財団法人 社会貢献支援財団ニッポン放送 年末スペシャル 公益財団法人 社会貢献支援財団 presents 明日への扉
FM93AM1242 2018/12/29(土)15:00-16:00
パーソナリティ:蒲田健
ナレーション:新保友映

radikoのタイムフリーを聴く

関連記事(外部サイト)