後厄の次の年にはぜひ「神恩感謝」のご祈祷を


“縁起の良い言葉”と聴いて、私が思い浮かべたのが『神恩感謝』です。『神恩』とは『神様の恩恵』という意味です。

この『神恩感謝』という言葉ですが、島根県の出雲大社では『“縁むすび”のご祈祷などの願いが叶った後に、神様に感謝を伝えるご祈祷です』と紹介されています。
ご縁が結ばれた後、神様に感謝の気持ちを伝えて、更なる幸せに導いて頂くそうです。
また『前厄』、『本厄』、『後厄』の3年間が終わったら、『後厄』の次の年は『神恩感謝』のご祈祷を受けると良いそうです。

このように『神恩感謝』には『自分が日々、無事に過ごせていること』または『願いごとが叶ったことなどを、神様に感謝し、報告すること』という意味があります。

『神恩感謝』と同じような意味の言葉に『報賽・奉賽(ほうさい)』があります。
『報賽』の『賽』の字には“神様の恩に応える、感謝する”という意味があります。
そんなところから『報賽』には『お願いごとが成就したお礼として、神様や仏様にお参りすること。お礼参り』という意味があります。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

関連記事(外部サイト)