除夜の鐘、108回という数字には煩悩の数以外にも、1年間を表すなど様々な説が存在

記事まとめ

  • 年末年始が近づくと「除夜の鐘」という言葉を耳にするが、除夜とは大晦日の夜のこと
  • 「除夜の鐘」は108回つくことがよく言われ、「煩悩の数」という説が有名になっている
  • 他にも108という数字は「とても多い」ということを表すとか「1年間」を表すとの説も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております