森永卓郎が訴える『円安』を『チャンス』に変える方法「日本企業の生産拠点を国内に戻すべき」

経済アナリスト・森永卓郎が5月2日(月)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。現在急速に進む円安について解説した。

※イメージ


ニッポン放送の朝のワイド番組『垣花正 あなたとハッピー!』では、月曜日から水曜日まで森永卓郎がコメンテーターとして生出演し、家庭の経済がプラスになるような話題や情報を、経済アナリストの森永の視点て?解説している。

5月2日(月)の放送では、先週、一時1ドル=131円台まで下落し、2002年4月以来の低水準となった「円安」について話題を取り上げた。最近では「悪い円安」とも呼ばれているが、そもそも円安とはどういうものなのか。

森永は「1万円札に交換しようというときに1ドル=100円の時は100ドルで交換できる。ところが今のように1ドル=130円の時は、1万円札が7,000円で買えてしまう。“1万円札が安いドルで買えてしまう”、これが“円安”です」と解説。

「これまで円安はメリットが大きいと言われてきたが、今は輸出する品目が減ってしまった。例えば日本で作った車をアメリカに輸出すると、質が良くて安い日本の車はバンバン売れるので儲かるわけです。ところが現在、日本の企業はアメリカに工場を作って、そこで製造・販売している。そうすると、円安の恩恵を受けづらくなるんです」と、円安メリットを享受する日本企業が減少していると語った。

では現状で、円安による日本企業のメリットはないのか。森永は「短期的には物価高というデメリットはある」と前置きしたうえで、「日本の工場をもう一度再生させるチャンスでもある。今は海外の工場で製造している企業も多い。ところが、かつて日本の賃金はG7でもトップだったが、現在は韓国を下回って最下位。日本人は手先が器用で真面目だし、国内で製造すれば安く、いいものを作れる」と、海外に移転した日本企業の生産拠点を国内に戻すべきと訴えた。

関連記事(外部サイト)