大仏とは、どれくらいの大きさの仏像?

ニッポン放送のラジオ番組『羽田美智子のいってらっしゃい』では、身近だけれど知らないことも多い『大仏』についての情報を紹介しました。

大仏とは 大きさの定義

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

大仏の大きさは、一般的に立っている仏像だと「高さが約4.8m以上」。座っている仏像はその半分、「約2.4m以上」のものを「大仏」と呼ぶそうです。「4.8m」という数字は、お釈迦さまの身長に由来すると言われているとか。

このように、大仏には大きさの基準とされるものがありますが、実際にはそれを満たしていなくても、「大仏」と呼ばれている仏像がいくつもあるそうです。

例えば、千葉県の「鎌ケ谷大仏」の高さは1.8m。沖縄県・球陽寺の「コザ大仏」は1.5m。そして、岐阜県・善学院の「神戸大仏」に至っては1.22mだそうです。いずれも先ほどご紹介した「大仏の大きさの基準」には及びませんが、それでも「大仏」という名前で親しまれています。

日本には全部で100を超える大仏があります。そのなかには、奈良・東大寺の大仏のように、約1300年もの歴史を誇るものもあります。それに対して、東京・西多摩郡の「鹿野大仏」は2018年の完成ですから、まだ4年の歴史です。

奈良の大仏の正式名称と高さ、誰が作ったか

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

奈良の大仏は、聖武天皇の願いで奈良時代の752年、東大寺の仏殿につくられました。高さは約15mあります。

正式名称は「銅造盧舎那仏坐像(どうぞう・るしゃなぶつざぞう)」。銅でつくられた、お座りになっている盧舎那仏という意味です。「盧舎那仏」とは、宇宙の中心で全世界を知恵と慈悲で照らす、太陽のような仏さまのことです。

当時、政治的な争いや、水不足からくる飢饉、地震、さらに天然痘の大流行など、たいへん苦しい時代でした。そこで聖武天皇は「仏教の力によって、すべての人々が心安らかに暮らせる世の中になるように」という思いから、大仏をつくることを決意されました。

奈良の大仏は、戦に巻き込まれて燃えてしまったこともありましたが、何度も修理されて現在に至ります。

聖武天皇の思いから誕生した奈良の大仏ですが、完成したあと、「魂を入れるための法要」が行われたのが4月9日です。やがて4月9日は、「大仏の日」と呼ばれるようになっていきます。

鎌倉の大仏は、いつできたかが分からない

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

奈良・東大寺の大仏と並んで、古くから知られているのが鎌倉の大仏です。神奈川県鎌倉市・高徳院のご本尊「阿弥陀如来坐像」のことで、高さは約11.3mあります。

しかし鎌倉の大仏には、わからないことがたくさんあるそうです。一説には、東大寺の大仏をお参りして感動した鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝が、「鎌倉にも大仏をつくろう」と計画したものだと言われています。

その後、頼朝が亡くなってしまい、遺志は受け継がれていきますが、完成したのは木造の大仏だったそうです。しかし、台風などで壊れてしまったため、1252年ごろに今度は銅を金でメッキした「金銅の大仏」がつくられるようになりました。ただ、これがいつ完成したのか、明確にはわからないそうです。

そんな鎌倉の大仏は屋外にありますが、もともとは東大寺の大仏と同じように、大仏殿のなかに安置されていたそうです。ところが台風や大きな津波によって大仏殿が壊れてしまい、15世紀の終わりごろには、現在のような状態になったと考えられています。

また、当時の大仏殿の大きさは、境内に残る石などからある程度は想像できるようです。

牛久大仏の高さは120m ギネスにも載る

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

牛久大仏は茨城県牛久市にある、青銅(ブロンズ)でできた大仏です。正式には「牛久阿弥陀大仏」と言います。

1993年(平成5年)に完成し、高さは120mもあります。そのため、ギネス世界記録には「世界一の大きさのブロンズ製仏像」として登録されています。

この高さには由来があり、阿弥陀如来があらゆるものを照らすために放たれる「12の光」……その「12」という数字にちなんで、120mになったそうです。120mという高さはアメリカ・ニューヨークの「自由の女神像」の約3倍、奈良・東大寺の大仏の約8倍にもなるそうです。

大仏のなかに入ると、地上85m部分に展望台があり、外の景色をながめることができます。天気次第では、スカイツリーや富士山が見えることもあるそうです。

牛久に大仏が建てられた理由ですが、浄土真宗を開いたとされる親鸞聖人(しんらんしょうにん)が、関東で仏教の教えを広める際、拠点としたのが現在の茨城県でした。

そうした経緯から、茨城県には親鸞聖人ゆかりのお寺などがいくつもあり、ご縁もあって茨城の牛久に大仏が建てられたそうです。

大仏の頭のブツブツは髪の毛

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

大仏の頭にあるブツブツは、「螺髪(らほつ)」と呼ばれる如来像の髪の毛です。お釈迦様が人間を超えた存在であることを示す、1つの特徴とされています。

螺髪の「螺」とは巻貝のことで、まさに髪の毛が巻貝のように、らせん状をしています。巻貝は右巻きが圧倒的に多いため、螺髪も一般的に右巻きとされています。

奈良・東大寺の大仏も、螺髪は右巻きです。ちなみに東大寺の大仏の螺髪は、1つの大きさが直径約22cm、高さ約21cm、重さは約1.2キロもあるそうです。

ところが、鎌倉の大仏や名古屋の大仏のように、螺髪が「左巻き」の大仏もいます。しかし、その理由は謎なのだそうです。

また、大仏の額の中央、眉間の辺りには、ホクロのような突起物があります。これは「白毫(びゃくごう)」と呼ばれる、白くて長い毛が右巻きに丸まってできたもので、伸ばすと約4.5mにもなるそうです。ここから光を放って全世界を照らし、悩み苦しむ人たちを救ってくれると言われています。

関連記事(外部サイト)